INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

近藤有己は、その地位を降りねばならない。戻れるかは自分次第(10月興行より(6))

http://www.sky-a.co.jp/prgsports/martialarts.html?i=p35&m=0

◆2009/10/25 K.O.P.T ライト級
11/9(月) 22:15〜24:15   11/13(金) 25:15〜27:15
11/19(木) 25:15〜27:15   11/24(火) 24:45〜26:45

来週放送なので、映像を見てもらったほうが手っ取り早い(しかし戦極、SFネット放送、格闘秘宝館パンクラス放送と来週も集中してるな)。有名選手の落日というのは何度も見ているが、派手な敗北より、こういう結果(実績落ちる選手とドロー)のほうがその落日をむしろ浮き立たせるかもしれない。
久松勇二もイケイケのころの三崎和雄と一度は引き分ける(再戦は完敗)など、同階級のパンクラス現参戦者の中では相応の実力者ではあるが、本業は接骨医の兼業格闘家。近藤にとっては、なんにしても勝たなければいけないクラスの選手だった。

放送されるかどうか分からないが、両者一歩も譲らない打撃戦の末、全員がドローの0-0となったあと、両者は肩を組んで一緒に花道を引き揚げた。
ノーサイドは一般的には美しい光景だが、しかし・・・いやらしい書き方だが、格闘家としての「格」の面から、そもそも肩を組んで花道を一緒に歩くような状況になった時点で近藤の負け。本来なら相手には「セコンドの肩」もしくは「担架」を借りて退場させるべきであった(笑)。


田村潔司桜庭和志も、落日と見えるところ、落日となったところで「カムバック戦」に勝利し、今の地位をなんとか 保っている(田村ならミノワマン戦や瀧本誠戦、桜庭ならまさにこの前のゼルグ戦など)。


パンクラスは、ここは意地でも近藤有己をメインの試合にするのをやめるべきだと思う。その結果、砂辺????(下の名忘れた。調べるのも面倒なのでこのまま)とかそーいうのでメインを補っても、まあ、やむを得ないというか我慢するしかない。

ただ、あと一回だけチャンス・・・というかケジメがある。
当然、竹内出とのミドル級王者統一戦だ。そもそも王者の試合って全部タイトルマッチにすると言ってたし、竹内は眼窩底骨折からの復帰戦がタイトルマッチ、近藤は復帰後2戦ともノンタイトルというのも問題。
現在の正王者・暫定王者の並立は階級をネバダ標準にあわせて変更した際の処置ということでまあ納得はできるから、早急にやってほしい。これは当然メインイベントでいいだろう。
それで竹内に勝てば、上に挙げたような、桜庭vsゼルグ戦のような「カムバック戦」と言っていいし、先ほどの話は前提を失う。近藤は堂々、パンクラスのメインイベンターであっていいし、戦極から再度お呼びがかかってもいいと思う。
負けた場合は・・・「けじめ」が着いたとしていい。
横綱はそこで引退だが、私は前にも書いたように、「落ちたトップ選手は、その落ちたランクの中での勝負論がある試合をするべし」なので、慧舟會やチーム・アライアンスの同階級選手と普通に第4試合あたりで戦ってくれればいい。
金原弘光、それに団体内に伊藤崇文というお手本がいるじゃないか。



会場に行っておらず、上の話にぴんと来ない方はひとまず9日の初放送、近藤有己の試合をご覧いただきたい。