INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

石田光洋、異国でメレンデスの拳に屈す!DREAMよ全面戦争で報復せよ!

というわけで「世界2位」に躍り出たストライクフォースが、それゆえの風圧や障害にも耐えつつショーを見せた。
http://mmaplanet.jp/archives/968256.html

・・・テイクダウンを切られ、ヒザをボディに受けキャンバスに尻もちをつく。ケージに頭を詰められ、パウンドを受け、追いつめられる石田に、そのままバックに回ったメレンデスは、リアネイキドチョークで仕留めに掛かる。石田の背中が伸び、メレンデスが容赦なくパウンドを落とすと、動きが止まった石田。ここでレフェリーが試合をストップ、メレンデスが石田にリベンジを果たし、暫定王者の防衛に成功した。

この結果を見て、あらためて思ったのは、メレンデスが試合前に言ってた「ファンにとっては試合を見るだけなんだろうけど、別の国で試合するっていうのは時差やらなにやら、見えないハンデがあるもんなんだ」という話ね。当たり前の話なんだが、そりゃそうなんだろうとあらためて思う。オマケに石田光洋は、オファーが直前になってしまい万全とは言いがたかっただろう。直前オファーってのはそれだけでハンデなんだよ、そこのマッチメーカー(元ハッスルゼネラルマネージャー)さんよ。

「うちは平等に、両方の選手にオファーが遅いですから」
そうですか。


ま、なんにせよ、今回DREAMとストライクフォースの間で、でいりが始まりやがった。
提携だ同盟だという話は目でたいのだが、格闘技団体が二つ提携するなら、握手でなく拳をぶち込みあってその関係を築くべきものだ。

広島の喧嘩ゆうたら、取るか、取られたのふたつしかあらせんので、いっぺん後手に回ったら死ぬまで先手は取れんのじゃけい!!

と、「仁義無き戦い」にもある。追悼山城新伍
そういうわけで笹原のおやっさん、ウチの代紋掲げた鉄砲玉が返り討ちになったてんなら、どうでもあっちのタマァとらな、うちがイモひくことになりますけん。メレンデス殺るまで。徹底的にやったらないかんですわ。


宮下あきら風にいえば、
「ふっ、石田などわがDREAMにおいては一番の小物にすぎん」
ってやつですよ。
越中詩郎風に言えば
「やってやるって! こうなりゃDREAMとストライクフォースの全面戦争だって!」
ですよ。



次の刺客は。
本当なら、茨城組の落とし前は茨城組でつけたらんかい、と川尻達也に行かせるところですが、大晦日までの流れを考えるとそうはいかない。
としたら、やっぱりカツノリ・キクノが東洋の神秘、クレッセントキックをあちらのファンに披露するしかない。古いファンが、その三日月蹴りを見たら「ウ〜ン、子供のころにタム・ライスが東洋のカラテマンにトライアングルキック(三角蹴り)でやられるのを見たが、それに勝るとも劣らないデンジャラスな蹴り!!」とうなるだろう。

そのままいっそSFに定着するも可。


ジャンルを背負ったカリスマが(初期に)敗れた後、そのジャンルは生き残れるか?(ジーナ・カラーノvsクリス・サイボーグ)

そのSFのメインは女子のMMAでした。
ジャンルが確立すれば、その中でのカリスマ的な中心人物が敗れるのも逆にひとつの起爆剤になるんだろうけど、この時期にそれが来て大丈夫だろうか。日本で言えば、どんな感じかなぁと思ったら、2000年に桜庭がホイスに、田村がヘンゾに負けていたら、その後2002-2004年ぐらいの日本MMAの最盛期を迎えられたかどうか。案外、影響なく迎えていたかもしれないが。
K-1MAX魔裟斗が最初の大会に敗れても、次の年の大会で勝利し、逆に最初の敗北はいいタメになったが。

石田の今後もなぁ。

下からAランクを狙う選手にはきっちり勝ち、Aランク上位陣には勝てないという「Aランク認定門番」にこのままだとなってしまうかもしれない。だからまぁ、菊野−石田戦は面白い気がするんだが。逆に生き残りをかけてアンドレ・ジダvs石田・・・だと相性の関係で石田が楽勝してしまいそうな気がする。
いっそDEEPに登場したほうがいいのかもしれない。菊野vs石田もDEEPのタイトルマッチで。