INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

故三沢光晴の母校レスリング部が、栃木県王者に返り咲き、今年のインターハイ出場

三沢の地元(彼は出身地と高校が違うんだっけ?学校は栃木県の、足利工業大附属高校)の、地方新聞の画像を送ってもらいました。
ちょっと縮小されてしまいますけど読めますかね。左側に「『偉大な先輩』忘れず全国へ」との記事があります。監督は三沢の先輩か同期として、スポーツ新聞の追悼記事に出ていた人かも。

http://npn.co.jp/article/detail/97573557/

・・・高校の先輩で現在同校レスリング部の監督を務める石川利明監督は「合宿などで同じ釜の飯を食った仲。本来は87キロ級の選手なんですけど、その時は団体戦のために75キロに減量しなくちゃいけなくなって」と証言。高校時代から相当な努力家だったようだ。

 同校は昭和55年に地元で行われた栃の葉国体での優勝を目指し朝、昼、夕と1日6、7時間の猛練習。階級も本来の87キロ級に戻し見事優勝を果たした。大学からの誘いもあったが断り、そのままプロの道へ。
 プロに入ってからも体調面を心配し「体が資本だから」とアドバイスを送っていた。かねてより体調を気にかけていた中でのあまりにも突然の出来事。石川監督は「マジメな性格で、常に全力投球。無理をしていたんじゃないですかね」と語った。
 恩師の大島さんも「知人からいくつも電話がかかってきて。現実は受け止められない」とショックは計り知れない。