INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

高谷裕之煽り映像「友人が語る高谷武勇伝」はHERO'S時代のボツ映像&前田吉朗にマジむかついてる

http://www.dreamofficial.com/free/news/detail.php?id=1242109796

──『DREAM.7』での煽りVは、地元のお仲間が高谷選手の武勇伝を語っていくというVTRでした。
高谷 実は、あれはだいぶ前に撮ったヤツなんですよ。HERO'Sのときに撮ったんですけど、「まったく使えない!」って完全にボツになってたんです(笑)。
──あっ、そうだったんですか!
高谷 使ってくれてよかったです(笑)。

・・・いや、コンプライアンス的にはHERO'Sの判断が正しいんじゃないか、と言われるとそんな気もするわけで(笑)。
というか、賛否は別として、やっぱり佐藤大輔宣伝相の特徴はアグレッシブで、言ってええんか、流していいんかというような境界線をがんと踏み越えるってところにあるみたいだ、ということ。TBSプレゼンツのPPV放送の宣伝が「日本人なら紅白見ろ!(地上波は見なくていいので、遅れてノーカット放送するPPVをみろ)」だもんな。不良のいきりトークなんか屁でもないか。

あれ、地上波でも流れたのですかね?たしかそうだと聞いている。
青木真也がこの前、30代のマッハとの対戦を「オヤジ狩り」と表現して物議をかもしたが、高谷が同じようなシチュエーションで、同じように表現したら、別の意味で物議を醸すだろうな。千葉県警が動くレベル。

自分が欠席&おざなりコメントだったのに、怒った前田へ逆切れ(笑)

──昨年は(※前田吉朗と)WECの同じ大会に出場されていますけど、そのときに言葉を交わしたりはされたんですか?
高谷 まあ……多少。
──挨拶とかそういうレベル?
高谷 (素っ気なく)そうっすね……。なんか、この前の記者会見(※4月10日に行われた会見)にオレが休んだら「ナメてんのか?」みたいなこと言われたんで、オレ、ちょっとムカついてるんすよね。
──ちょっと感情的になっている部分があると?
高谷 めちゃくちゃありますよ。初めてかな? 試合前に相手に対してこんなにムカついているのは。基本、対戦相手のことは別にムカついたりしないんですけど、今回はめちゃくちゃムカついてます。向こうから言われるなんて思ってなかったですからね。

(略)
……家で寝てたりしててもふと思い出したりして、「あっ、ムカついてきたからちょっとサンドバックでも殴りに行こうか」とか。車とか運転してても、「やっぱりムカつくなぁ……」みたいな(笑)。抑えるのが大変です。


理不尽番長襲名。
前も書いたけど、高谷って読書経験とかがどういうのか分からないけど、文章やインタビューの受け答えがかなり洗練されてて面白いんだよね。不良仲間と毎日たむろしての仲間内のやり取りというのは”言葉”も磨くのかな。


一方の前田は。

http://www.dreamofficial.com/free/news/detail.php?id=1241104628

──ストライカー同士の対戦という印象があります。
前田 どのうち打撃でいかんと仕方ないすもんね。自分がしたい展開にできれば、それはしたいですけど、番長はそれをさせん力も凄いですからね。
──高谷選手の攻撃で一番警戒する部分はどこでしょうか?
前田 ……やっぱりフックかなぁ。どのパンチも重そうですけどね。でも、僕のパンチも当たったらぶっ飛びますからね、はい。ボッコボコにされる覚悟はしとんすけど、ぶっ飛ばす準備もしてますからね。

この言葉、かつての近藤有己の名言「勝つ自信はあります。負ける自信もあります」を思い出させる。そのときは菊田早苗郷野聡寛を次々と打ち破っていった。