INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

”彼”が帰ってきた。故郷の密林からか、「人権の牢獄」からか・・・・?

http://d.hatena.ne.jp/koikesan/20090507

藤子・F・不二雄大全集に『ジャングル黒べえ』が!

論じる必要も無い。ただ笑顔で旧友を出迎えればいい。
のだが、引用先の言うとおり、小学館は本気だ」ということだろう。

そういえば、本日の最初のエントリは「粛清」をネタにしたが、この作品が消されていった、そんな「時代の空気」を感じ取れる本があった。この問題に、リアルタイムで、いち早く取り組んで書籍化したのがこの書。


『ちびくろサンボ』絶版を考える

『ちびくろサンボ』絶版を考える

この本に「黒人差別をなくす会」(堺市)のインタビューが載ってたかな。記憶だと載ってたと思うがな。
また、ちびくろサンボを問答無用で絶版にすることを決めた岩波書店の当時の社長、金日成へのポチっぷりでも知られた安江良介氏がブチ切れるさまを記したリアルなインタビューも読める。


ああそうだ、この作品も、この話題について書いたものだ、といっていいだろう。この前サバゲー論議でも、この書名でてきたね。
時系列はこの際、気にしない(笑)

白い服の男 (新潮文庫)

白い服の男 (新潮文庫)


そして広告。真ん中にいるのはオバQ

そうだ、彼と弟はあのときも、風呂敷を首に巻いて帰ってきたっけ。
http://f.hatena.ne.jp/koikesan/20090508184811

小学館のサイトの、Flash予告も泣ける。

http://www.shogakukan.co.jp/fzenshu/