INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

青木真也vsヒョードル、五味vs中蔵と比較…の必要は無し。だが誇大広告の必要も無し

ヒョードル戦はすごく興味あるんだけど、復帰の舞台としてはちょっとまとまりがよすぎる気もする・・・復活したときによりドラマチックになるように、もっと苦しんでほしかった」
「ギラギラとした目で這い上がる青木が観たい…どっか保険がきかないリングで、出直す姿が観たいね(※DREAM・DEEPは保険が利く?)」

「面白いけど、消去法の結果ならちょっと。UFC戦極ではエネルギーを使い、DREAMではマッハの下になるから、暖かく迎えてくれるだろう古巣を選んだとしたらちょっとな」
「まだ遅くは無い。中村K太郎(アジア予選77kg未満級優勝者)とADCC挑戦者決定戦をやってほしい!」


と、五味隆典論をそっくりそのまま裏返してパロディ化するのもできるんだけど、そもそもエキシビションエキシビションに過ぎないので、復帰戦じゃあハナからない。復帰戦ではそりゃ、シリアスかつ保険が利かない、ドラマチックなものになるでしょう。

問題は今回、エキシビションじゃないような感じを漂わせた時期があり、というか今でも続いていて、そういう思わせぶりはどうかな、と思うのですよ。
エキシビションはそりゃあ「でも、僕は本気でやります」といえばそのまま試合にもなりえるし、相手にダメージを負わせることもできる。この前の魔裟斗vsHIROYAもそういうあれで商売してたが。
でも、それこそ「競技」でも何でもなくなっちゃうからねえ。プロレスだって「こいつとこいつの試合、マジで仲が悪いからシュートになるかも?」「今の、マジで仕掛けたよ!!」といって楽しむことは出来るし、それはMMAとある部分は確かに重なる(NHBニュースへの投稿可)のだけど、格闘競技じゃないからね。

「今度のエキシ、青木はガチで極めにかかるかもしれないよ?」みたいなのはギャグやジョークでいいとして、しっかりそこは明確にしたほうがいいと思うのですが。
一応、明確になっているかな? エキシはエキシで、青木真也の復帰戦はもうしばらく待ちましょう(KO負けからすぐ闘うのはいくないし)