INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

UFCで前回、書ききれなかったこと。デニス・カーンやジェレミー・ホーン、そして観衆

デニス・カーン

基本的にずっと優勢、優勢でやってきたのに最後に落とし穴。でも終盤、動きが低下したんだからやっぱり前半をしのいだ相手が一枚上ということだろうか。高島学修斗でのマッハ敗戦の時、「今、北米の選手は”標準装備”として一級品のフロントチョーク技術を身につけている」と話していた。

まあ、十分あそこで勝ち上がっていくポテンシャルはあると思うので是非再起を。
彼はUFCに乗り込んだ「チームDREAM」の第一号選手なんだから(そうだよね?)。
これからどんどん続くよー(予言)。

ジェレミー・ホーン

基本的にやられ続けていたけど、一本を奪われないだけでたいしたもの。
日本で闘ったほうがいいんじゃないかな、と何となく思いました。金原弘光との、運命の再会とか。

アイルランドの観衆

会場が一体となって応援歌を歌い続ける…というサッカー的な応援を総合の会場で初めて見まして、お国柄ってのはあるもんだなと感心しました。あと、やっぱり同国人の選手は無条件で応援するのがフツーなのかなぁ・・・とね。
武蔵vsムサシ対決で、盛大なブーイングを森さんにかましたわが国はやっぱり独自の進化というか変形というか。