INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

青木&北岡"ロングスパッツ問題"第一部完。スパッツ制作の公武堂に直接聞こう(来週月曜夜、ネット生放送で)

まだ話題は続いています。
昨日のコメント欄より

通りすが夫 2009/01/08 13:09 スパッツ問題、競技者側の意見があまり聞こえてこないのが残念です。某巨大掲示板柔術スレだと経験者側から「スパッツなんて問題になるわけない、青木だから極まる」って意見がありましたが。


ねぇ 2009/01/08 14:35 青木自身は滑りにくいから来ているとカミプロのコラムで書いていましたけどね


chikunoh 2009/01/08 14:52 はじめまして。いつも興味深く読ませてもらっています。
あまり話題になりませんでしたが、ルミナはこんな事言ってますね。
http://blog.livedoor.jp/roots637/archives/51190037.html


gryphon 2009/01/09 07:34
>スパッツなんて問題になるわけない、青木だから極まる」って意見
>青木自身は滑りにくいから…書いていました
それは逆に、王やイチローだからバットの重さや形に注文できる…つまり一般的にいえば「問題にならない誤差の範囲」だが、名人ならその誤差を感じ、生かすことができるというパターンもありますね


>ルミナはこんな事言ってます
プロのメディアはこの人にもきいて欲しいですね。

公武堂TV」で聞けるかな?

その中に、こういう話があった。

as 2009/01/08 15:39 修斗の文を紹介したものです 大騒ぎになったますが
太郎さんは、頭がいいですよ 審判講習受けたことがあるんですが
質問には全部答えていただきました
特殊素材かどうかは、
結局公武堂の社長に聞くべきではないかと思いますね
チャットでも入れますしね

個人的にはスパッツたまにはきますがあんまり俺のは安物なんで変わらないですw
 毎週月曜日23時より生放送! 公武堂TV
http://www.stickam.jp/profile/koubudotv

そうだそうだ、そういう手段があるって気付かなかったYO!!
公武堂TVは何度か、
IT技術の進歩によって”放送メディア”が驚くほどの低コストでできるようになった」
「そのときの、インディ放送でキラーコンテンツになり得るのはトークショー。話者の話術と、だれもが気になるトピックがあれば注目が集まるから。特に『当事者』が語るときは」
という一般的な話題プラス格闘技界の話題の一例として、紹介したことがある。
公武堂青木真也のスポンサーであると同時に、偉い人は青木真也を精神的にも支えている人として有名だが、「用具メーカー」本来の技術的なことで注目が集まるのは、二年前の某社の、グローブのロゴがはがれたとかはがれないとか以来だ(笑)
まさに当事者として、トピックを語れるトークショーとなる。


http://www.stickam.jp/profile/koubudotv
「こういうテーマを話してほしい」とか事前に連絡できるんですかね?
チャットに入るのは、事前登録が必要なのかな?
いつもは全画面で見ているだけなのでよくわからん。
上手くいけば来週月曜に話が聞けるかもだ。


【追記】夜遅く、運営サーバーのstickamに登録して、公武堂TVあてに要望メールを出しました。
もちろん、それをあっちが採用というか、話題にしてくれるかどうかは分かりません。Dynamite!!戦極の乱の試合そのものなど、語るべき話は多いだろうしね。

おくったメール

はじめまして。
私は格闘技などに関するブログを運営しているGryphonといいます
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/
以前から拝見させていただいておりました。

ぶしつけなお願いで申し訳ありませんが、ぜひ今度語っていただきたいテーマがあります。
一部の掲示板で話題になり、私のブログでも何度か語って反響が大きかったのですが「青木真也北岡悟のロングスパッツは滑り止めになり、片方だけがはいている状態では競技性、公平性を損なうのではないか?」という意見があります。

もちろん「誤差の範囲」や「双方が選択可能で、その範囲で自分が一番有利なものを選べばそれが公平だ」という意見もあり、個人的に言えばわたしも後者に賛成なのですが。

実際にコスチュームを作る専門家として、公武堂さまの見解、また実際に青木真也選手らのスパッツはどんな材質なのかについて語っていただければ幸いです。

それでは2009年もますますのご活躍をお祈り申し上げます。