INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

ペイパービュー社がサムライTVを吸収合併。

※ぎゃふん、最新の注意を払ったのにまたNHBニュースへのリンクが失敗した。こっちも格闘技関係だからまあいいけど。

この上にも、山本KID徳郁と階級についてのエントリーがあります。





http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20080612#p7
に書いてたように「6月は株主総会とかいろいろあるから格闘技関係ニュースを探してくれ」と言ったのだが、その同じ日付で、だれかに頼むのではなくきちんとニュースを見つけた人がいる(笑)

http://sadironman.seesaa.net/article/100328237.html
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=191495&lindID=5

 株式会社スカイパーフェクト・コミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:仁藤 雅夫、以下スカイパーフェクTV)の完全子会社である株式会社ペイ・パー・ビュー・ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長 田中 晃、以下PPVJ)と株式会社サムライティービー(本社:東京都港区、代表取締役社長 清水 敏邦、以下サムライTV)は、本日開催したPPVJの取締役会において及びサムライTVの取締役間の合意に基づき、PPVJを存続会社とする吸収合併をすることが決議・・・


・・・…ペイ・パー・ビューチャンネルとフラット(月極め契約)チャンネルの相互連動によるシナジー効果を最大限のものとし、ペイ・パー・ビュー事業の拡大を目的としています。引き続きサムライTVのコンテンツ内容によって、ペイ・パー・ビュー放送、フラット(月極め契約)放送を効果的に選択し、皆様にご提供してまいります。

この下を読むと「悲しきアイアンマン」サイトには昨年「サムライTVが倒産する」という怪メールが来ていたそうだが、私はその頃、やはり同社の赤字体質をモチーフにシミュレーション(小説)として「サムライTVが消滅する日」を考えようと資料を集めたりしていた。

・・・・おれがメール主じゃないですよ?(笑)

何にせよ、これでサムライTVがある日突然無くなったり、その権利がどっかにばらばらにたたき売りされる心配はなくなったということ。そしてペイ・パー・ビュー・ジャパン、今期の決算などはいかが相成るのでしょうか。
合併したところで終わりじゃなくて、そこからの展開を追え。
というか、こういう問題こそ専門誌が追っかけていくべきじゃないかネ。サムライTVの経営状態に関する情報って、専門誌で一度も読み応えのある記事を読んだことが無い。

だからいまだにパイパービューの興行ごとの契約数だって、主催者発表ですらないまま、ブラックボックスで噂だけ飛び交うのだ。例えば戦極第三陣だが、PPVの数はというと(以下略)。