【トンガ噴火お見舞】INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

第三陣は低調。戦極はいつ「日本人同士の潰しあい」を開始するか

スポーツナビからいらっしゃった皆様へ。
はじめまして。ブログ「見えない道場本舗」と申します。
今まで存在は知っていたのですがTBの張り方がよく分からず、今回初めて張らせて頂きました。
大よそでいいますと前半の記事が格闘技関係、後半の記事が格闘技以外の森羅万象些事余談となることが多いので、興味のない方は後半部は無視してください.

またこれとは別に、格闘技のサイン情報を皆で持ち寄る情報サイト「NHBニュース」
http://blog.livedoor.jp/nhbnews
の運営にも関わっています。皆様も気が向いたら情報提供、リンク集登録などのご活用を。。


昨日記者会見をやったというから、どんなサプライズだろうか、たぶん戦極大会の第6陣、第7陣、第8陣、第9陣、第10陣、第11陣・・・が決定したというアナウンスか(笑)と思ったが、違ったようだ。


http://www.sengoku-official.com/pc/2008/0520_02.html

吉田秀彦選手の対戦相手には……モーリス・スミス選手が決定いたしました。

・・・三崎和雄選手の対戦相手には、総合戦績11勝1敗、ミネソタMMAアカデミーの若きエース、ローガン・クラーク選手が、そして早くから第三陣に参戦を表明しておりました、藤田和之選手の対戦相手には、総合ではこれまで60戦以上も戦っている、鉄人トラビス・ビュー選手が決定いたしました。


…ブラジル柔術界ヘビー級の強豪マーシオ・“ペジパーノ”・クルーズ選手の対戦相手として、韓国レスリング界の英雄チェ・ム・べ選手が久々の日本のリングに戻ってきます。そして出場予定選手としては、第一陣で五味選手を追い詰めながらも、最後は鼻の負傷によるドクターストップで破れた、ドゥエイン・ラドウィック選手が発表されました。


地味に実績を積んだ、海外の「無名の有名選手」が藤田や三崎の相手に成ると。
それはいいんですけど、でも実際のとこまず集客がちょっとうまくいかないだろうし、第一陣、第二陣で初来日した外国人って勝つにせよ負けるにせよ、ホジャーを除いては「ああ、また見たいな」と引っ掛かるようなものはない。MARS最強の誇りを胸に戦う(そんなもの胸に無い)エディ・アルバレスがDREAM2試合で見せたようなインパクトが無いんだよ。

まだ三大会目でできるわけはない、とかは言ってられないと思う。


ただ第二陣でインパクトがあったのは北岡悟光岡映二だった。
この二人を直接対決させい、とはさすがにまだいわんが、将来それへの布石と成るようなことをしていくとかできないだろうか。
あと、DEEP的な感じで、日本人の注目株に、従来組織と摩擦のないように注意しつつ上がってもらう。

また、藤田三崎には「まったく無名の注目株」より「それなりに名前の知られた二線級」のほうがいいかもしれない。個人的には藤田vsトラビス・ビューより藤田vsチェ・ムベのほうが訴求力がありそうだっただろう。


そんな中で、いいタイミングを見計らって北岡悟vs光岡映二藤田和之vs中尾”KISS”芳広あたりのカードを切っていく。これで片方の価値が落ちるリスクより、片方の評価が上がるベネフィットをとりましょうや。しょせんその部分はギャンブルですよ。


そんなところしか思いつかないな。
ちなみに吉田秀彦だが、そのレベルで試合をしても負けるかもしれん、という気もしてくるのでまあいいかと。

タンクとやったこともあるし(笑)
ただ、「みずから前座に降りる、前座たるべし」とは思う。