INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

近藤と戦うホジャー・グレイシーは,MMAをこう語っている(GONKAKU)

GONKAKU (ゴンカク) 2008年 06月号 [雑誌]

GONKAKU (ゴンカク) 2008年 06月号 [雑誌]

の話題。
ホジャー・グレイシーのロングインタビュー、あらためて相手が決まって読むと、また考えさせられる。


■引き込みはしない。MMAではいつもトップ(上)をキープする。前の試合(vsロン・ウォーターマン)は下から攻めたけど、危険だから基本は上からだ。
柔術の引き込みとMMAは違う。打撃を受けるリスクがある。
■ギは着ないよ。相手も着ているならともかく、MMAで着るのは間違いだ。でも着なくても僕は”柔術”で戦うけどね。
■僕に得意技はないし、この技を極めて勝つ!というこだわりも無い。その時最善の技を出すだけだ。



・・・…ちょ、ちょっと待て。あんた戦略がまっとうすぎるよ(笑)。もう少し柔術にこだわったりそれだけを盲信して、隙があればいいのに(笑)。オマケに前回の試合って、1週間前にケガをして万全からはほど遠かったんだって。
これは近藤有己も相当、厳しいだろうなあ。でかいよとにかく。身長193cmだって。
大きさで言うと前田日明とかジャンボ鶴田とか、ジークフリートキルヒアイスと変わらないんだぜ(笑)


ときに彼は、6月のムンジアル、来年のADCCにも出場する予定で、「柔術を卒業し、MMAに専念する」という考え方は無いとのこと。