INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

米国で次々出版される「格闘家自伝」「プロレスラー自伝」の情報輸入者よ登場せよ

いま、NHBニュース(http://blog.livedoor.jp/nhbnews/archives/51521278.html)経由でマット・ヒューズ自伝の情報を読んだ。

http://miruhon.net/news/2008/04/post_243.html

・・・格闘技マニア的には『アブダビコンバット2000』で、チームメイトのジェレミー・ホーンとワーク試合を行ったことなど興味深い内容が多いのだが、その中に、同じチームメイトのシルビアに対してもかなり酷いいじめを行い、それを許してくれと懇願してきたシルビアを冷たく突き放すというくだりがあるのだ。

 あれだけ身体も大きいのに、小さいヒューズにいじめを受けて無抵抗で逆に「いじめをやめてくれ、友達になってくれ」と懇願していたギャップに同情が集まり、それまで強いけどつまらない選手という評価だったシルビア株が格闘技マニアの間で急上昇している。

ヒューズは心やさしい紳士ではないらしい、というのは「ジ・アルティメット・ファイター(TUF)」初期のコーチ役から知られていたが、これはまあ笑い話だけでもすまない話かもしれんし、すむ話かもしれん。

それはともかくとして、言いたいのはヒューズ自伝て昨日今日出たわけでないのに、こういうおもしろいエピソードが伝わってこなかったなと。
あちらでのMMA人気上昇に合わせてチャック・リデルの自伝本とかも出ていると聞くし、WWEレスラーやレジェンドレスラーの自伝も出ているが、日本語訳が出るのはそう多くは無い。
実際、今誰か「チャック・リデルの自伝本ってどんなストーリー?何か面白い逸話がある?」と聞かれて知っている人は格闘技マニアの中にもそういまい。


そこで、英語を読みこなせ、かつ書評に興味と情熱がある人が積極的にこういうエピソードを抜粋紹介してくれるという・・・そういう役どころがいればいいな、と思う。日本にはさらに入ってきにくいドキュメンタリーの映画やTVも含め。
かつてはひねリンさんがそういうことをしてくれたね。

http://www.kansenki.net/colum/00/0411colum_hine.html
映画「BEYOND THE MAT」観戦記

あの時の状況をみな覚えていないから言うが、この一文がきっかけで、日本上映が実現したのだ、と思い込みで断言しておく。少なくともまったく影響を与えなかったということは無い。


町山智浩も、以前まだ未邦訳だったカクタス・ジャック自伝の紹介を宝島でやって期待を集めたことがある。
反響によっては、翻訳本とかDVDが出る呼び水にもなるのだ。


そもそも、黙っていればいくら書店にあっても気づかない、エピソードを抜粋して紹介すること自体に、特に専門カテゴリーに限っても商品価値があるってのは、日本語のプロレス・格闘技本で既に吉田豪が証明しているじゃん!
あれのアメリカ版があればそりゃあ便利だと思わないかいな。


もっと一般的な本や雑誌論文も、実は「この国では今、こんな本がベストセラーなんです、論壇で話題なんです」という情報って非常に役に立つんだよな。「諸君!」ではつい最近まで「気になるアメリカンブックス」というコラムが、最新の論壇のトピック=出版物を紹介していて非常に好きだった。

米国、韓国、中国、ヨーロッパ、アラブ・・・・在住の人がネットワークを作り、「いまこれがベストセラー」というのを定期的に報告する、そういうことをブロガーが・・・・いや、そんなのホントは新聞社や通信社がやるべきだよ!!

おまけ ひねリンコラム再読

観戦記ネットのテキストも、初期のものは当然、今のネットのトピックからズレて参照回数が減ったせいで、最近はなかなかグーグルでもダイレクトにヒットしにくい。今、探したついでに彼のコラム一覧(これはごく一部だよ)へのリンクがあったので、タイトルと共に紹介しておく。

当道場の読者にはおなじみのものも多いだろうが、初見の人もいるだろう。個人的には「2002/12/12」のエントリをお勧め。
http://www.kansenki.net/colum/c_writer.html

■ひねリン
日時 タイトル 本文
2000/4/11 映画「BEYOND THE MAT」観戦記 Go!
2000/10/21 NHBの伝統は、UFC以前からアメリカに存在していた Go!
2001/2/3 XFL開幕戦TV観戦記 Go!
2001/3/27 ビルマ少数民族・カチン族のNHB技術 Go!
2001/5/24 NHBドキュメンタリーヴィデオ、Life in the Cage について Go!
2001/9/6 地味だけど、珠玉のドキュメンタリー作品「Inside Pro Wrestling School」 Go!
2001/10/12 マーク・ホールとマット・ホールが私が別人だと思う理由 Go!
2002/9/8 X-SPORTSと修斗 Go!
2002/10/14 再び、アメリカ開拓期のNHBについて Go!
2002/12/12 一人の、あまり有名ではない、でもちょっと特別な格闘家の話。(前編) Go!
2002/12/12 一人の、あまり有名ではない、でもちょっと特別な格闘家の話。(後編) Go!
2004/2/15 せんせと話した(我が師pedro carvalho) Go!
2004/9/03 「宣伝」 マックス柔術アカデミー、発進! Go!
2004/10/19 ひねリン翻訳:マークシュルツからの告白 Go!
2004/10/22 3日間でプロレスラー? Go!
2005/1/7 フェリシア・オー インタビュー