【トンガ噴火お見舞】INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

オダギリジョーさんご結婚

オダギリジョーといえば二枚目ではあるが実力派の演技にも定評がある俳優として知られている。
ウチの職場でもなげく女性多数(笑)。
何と言っても「キサラギ」でいい味出してたのが忘れられん
ああ小林信彦絶賛(http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20061005#p6
の「ゆれる」はみたいと思ってて見られなかった。

ところでこの前AERAで彼の特集をしていたのだが、そのとき、記事を読んで「うひゃひゃ、後で書こう」と思って忘れていたのだがこの機会に書いておこう。

彼のデビューだか出世作が「仮面ライダーアギト仮面ライダークウガ」でしたよね。
ちゃんとは見てないんだけど、前書いた「無所属ヒーローを助ける権力側」という役どころだったっけ。ずーと前だから忘れたな。


で、ご多分にもれずオダギリジョー、この役というか子ども番組が大キライだったと(笑)。

「自分の理想からはあまりにかけ離れていた」と、AERAでは書いている。

まあそれは個人の志向であり、どうしようもないことであるし、他の情報を仕入れると監督の情熱や技術には敬意を持っていて、芝居自体は全力投球だったとも聞くから、仕方の無い話だ。はたから見ればハマリ役以外の何者でも無いだろう、という天本英世だって、子ども番組や怪獣映画の悪役には複雑な思いはあったというのだから。

ただ、世の中ままならぬものです、と。
ご結婚に幸あれ。