INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

週刊現代、今年は部数が急落。「スクープ続きなのに何故?」と関係者も頭抱える

NHBニュース( http://blog.livedoor.jp/nhbnews/ )とダブルポストです

【メディアの話題】 格闘技・相撲追及の週刊現代、 07 年上半期に部数急落 < Gryphon
http 「創」1月号
http://www.tsukuru.co.jp/gekkan/

メディア誌「創」によると、2006年に加藤腫之編集長が就任して以来、PRIDE批判キャンペーンや大相撲の八百長疑惑記事などで格闘技界にも話題を呼んだ「週刊現代」が、2007年度上半期に7万部も部数を減らし、「週刊ポスト」に抜かれたとのこと。
(ABC協会調査)
現在は約35万部とのことです。


記事中には、「各種の追及キャンペーンで、直接の部数増につながったのは細木数子批判だけだった」との一節もありました。

ただ、細木数子追及のときって、一緒にPRIDEも追及してた時期だったような(笑)。
まあそれはともかく、PRIDEつぶしへの格闘技ファンの恩讐、愛憎は別にしても、同誌が派手な、歴史に残る誌面づくりを続けていたことは衆目が一致するでしょう。
それでも部数は伸びないというと、難しいところですなあ。
ちなみにPRIDE追及を「これは格闘技界のイトマン事件だ」との名台詞のもと陣頭指揮して続けた加藤晴之編集長の下で、訴訟も多数受け

細木数子 6億円
JR東日本 2億円
大相撲  8億円
など、総計24億円に上る損害賠償の請求額があるという。
ちなみに
PRIDE priceless(笑)。