INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

いしいひさいちの「スコン!」(夕刊フジ連載「2コマ漫画」)について。夏目房之介も語る

11月29日の産経新聞にタイトル通りの作品を紹介する全面記事が掲載された。同系列だから、それを紹介する記事があってもおかしかないんだが、ここまで派手なのは珍しい。
何しろ8作品を、そのまま載せているのだがどれも爆笑もの。はっきりいって産経新聞の4コマ漫画とは比較するのすら失礼だ(笑)。

あまり面白いので、引用しよう。2コマなのでAとBと表記する。

福田首相の苦悩

A:「対テロ新法をギリギリでやってるのに なんだよ守屋前次官のスキャンダルって 火に油だよマッタク」(頭を抱える福田康夫
=======================
B 「総理総理、それを言うなら『給油』だけに油に火」(ある官僚が満面の笑みで「はは」と笑う)
「やめろ!引火しやすいんだから」(必死に止める別の官僚。 福田首相、額に血管がピクピク)

南北首脳会談秘話

A:「ノムヒョン大統領、せっかくだからピョンヤン滞在を1日延長してはどうか」(会議の場で、金正日が)
「えっ もう1日?」
====================
B:金正日「『拉致体験1日コース』だよ すこしは身にしみるのではないか」
盧武鉉「あんたに言われるとは思わなかった」(すごく冷静な顔で)

相憐れむ

A:(国会本会議場で)
小沢一郎「やあ安倍くん 体調はもういいのか」 安倍晋三「どうも 小沢代表」
=====================
(歩きながら話す二人の後ろ姿。これがまたいいんだ)
B:安倍「私のときはだれも引き止めませんでしたよ」
小沢「良し悪しだよ」


うーむ、やはり文章で再現するのは無理があるかしら。よし、これだけ・・・

自民党新選挙戦略


とにかく、すごいとしか言いようが無いな。


夏目房之介が解説

ところがシロートはすごいというだけで済むが、プロの夏目房之介氏は「歴史としてのいしいひさいち作品と、その変遷」をこの記事で寄稿している。ブログでも紹介すればよかったのに。
「70年代後半に颯爽と現れたいしいひさいちは・・・言葉を大量に描き込み、4コマをはみ出すアイデアで連載した4コマ世界を作り出した。いわば定型短歌に対し饒舌で字余りな現代短歌のよう」


「いしいの4コマはマグロの中落ちを骨からこそげ落すように、むしろ「余計なもの」で成り立っている・・・初期いしい4コマはいくつもの4コマが織り成す、関係のありそうでなさそうな連続性、世界観や設定のようなものに支えられた「余計なもの」=「どうでもいいもの」のおかしさだった」


「(だが)彼は、ある時点から自分の『余計な』『どうでもいいもの』の『笑い』を、コマという漫画形式に宿る『お話』(虚構)で支えるのではなく、現実の世界に依拠させようとし始めた」
「最初は…現実の人物をいしい的虚構にからめろって別世界を築いていた。が・・・いわば『コロッケ的ものまね漫画』へと軸足を移していく」

それはなぜか?そこで生まれるものは? これはこの文章が単行本化されたときにでも確認してください。