INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

あさ7時46分にメールを送ってきた某氏より(秋山バッシングを考える・・・ようでいて考えない)

要約

HERO'Sを見て、裏番組の「みなみけ」(註:テレビ東京)は予約録画にして安心していたら、日本シリーズが延長したために撮れていませんでした。だから秋山はいやなやつだ

はっきりいうが、知らんわそんなの

つうか、これは不当なバッシングというものでしょう(笑)。
日本人の狭量さがでていますね(そうか?)

みなみけヤンマガの箸休めのような短編ユーモア作品ですね。あれもテレビ化されちょるか。
原作というか、雑誌連載は一応ときどき読んでいる()
コンセプト自体は、「あずまんが大王」を臆面もなく受け継いでいるわけですけど、ウェルメイドで、品もあり非常によく出来ている。そうやってみるといいところに目を付けたんだなテレビ業界も。
ジャンル設定という話で星新一がいっていたが、「だれかが臆面もなく『機械で過去や未来に行く』という二作目を書かなかったらタイムマシンものは生まれなかった」と。

とり・みきがライオンキング騒動でいわく
「2作目だから問題なんで、3つも4つも5つもできれば『ジャングル大帝もの』というジャンルが出来る」と(笑)

そういえば「あずまんが」だって「やっぱり猫が好き」と関連があるつー気が。
「つまり気の合うようで合わないような、個性派たちが、その小さな人間関係の中でトラブルメーカーや突っ込み、天然ボケなどで小さな騒動やなんかを起こすことが中心」もの。

ちょっと無理があるな。


【質問】「あずまんが」や「みなみけ」などをひとつのジャンルとしてくくる、いい言葉は既にあるのでしょうか。

あ、あと日本シリーズテレビ東京が放映しているということが超おどろき、ももの木なんですけど。







【メモ】角川歴彦