【トンガ噴火お見舞】INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

日本総合格闘技協会とDEEPは無関係?PRIDE残党再結集、初手から失敗じゃん

http://deep2001.com/blog/?p=11

・・・所で昨日発表した総合格闘技協会は何者ですか?団体関係者に聞いても皆知らないようです。僕らインディーの団体には関係無い話なのかな?・・・・・協会ができるのは賛成、でも協会が何をしたいのかが分からない。
(略)

・・・・ルールなどの統一は無理でしょう、ルールの違いが各団体の色であり、個性だと思います。皆同じだと面白く無いし、資金がある所の勝ちになるでしょう。結局僕らインディー団体には関係無い話のようですね。。


あっという間に格闘ファンの夢破れる_| ̄|○
今回のなんとか協会・・・というよりは、ワールドビクトリーロードは、PRIDEを再建し、PRIDEの伝統を引き継がない限りは三文の価値もないわけで、そしてPRIDE武士道の立役者・佐伯繁氏と何の話し合いもしないで、PRIDE伝統の継承者足りえるなんてこともありえない。
諸葛孔明三顧の礼を取らず、彼を招いていなかったら劉備はずーっと居候の流賊のままだ。
シェーンコップの協力がなかったらヤン・ウェンリーでさえイゼルローンは落せない。
うすが助力してくれなかったら、蟹の子供たちは猿から親の仇を取ることはできなかったろう。

なんか例によって、喩えのせいで逆に分かりにくくしているようだが(笑)。
とすると「DEEP武士道」うんぬんという噂は、やっぱり噂で終わるのか?無関係に進んでいるのか?佐伯氏の謎の言葉「大晦日はさいたまに・・・」は何だったのか?
謎は二重三重に底が深い・・・ように見えて大したことなかったりするかもしれんが。



とりあえず今後、WVR関係者は高級焼肉店(ここ最重要)に佐伯氏を招いて、ぜひとも助力を求めるように。
だがいやいや、そもそもブログがおとぼけ、山科の大石蔵之助・・・なのかもしれませんぞ。


ついでに言うと、
「ルールの統一は無理。ルールの違いが団体の個性だから」
というこの主張、まことに一方の正論ではある。だがうーん、何かをできないものかね?
取り合えず、ルールは統一できなくても何らかの規格やリングにあがるライセンス、などなど統一できるものは統一したほうがいいし、それはできるだろうから、そっちの方面で協力をしていけばいい。

ただ、究極的なものの考え方として
総合格闘技が世界中で何らかのルールで統一され、すべての試合がそれで行われるのはいいことか?賛成か反対か?」
と正面切って聞かれると、うーーーーーーーーーーーーん。

野球やサッカーはそれで楽しめるし、だからこそ世界中で受け入れられてるんでしょ、
日本だけ、http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20060709#p3 なんてルールでやっていいのか・・・というあれもある。
だかリンク先のルールはルールで面白そうだしな・・・と迷うのでありました。


こういうことを、11月25日の講演会では藁谷浩一さんに聞いてみたいですね。

詳しくはこちらで。
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20100101
とってもさりげない宣伝を今後、これを〆の文句にしよう。