INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

KID大苦戦、カルバン連覇、ハリ・美濃輪登場…HERO'sいかがでしたか。

自分は会場で見てTVは見てないのだけど、ユン・ドンシクの寝技は美しく、しかも圧倒的だったですよ。そういえば柔道からの転向選手で、こういう感じで戦える人いないな。パウエル・ナツラもできなかった。この二連勝で韓国内でも盛り上がるのではないでしょうか。


ハリトーノフアリスターの試合はお互いの悪いところのほうがより多く出てしまった。アリスター、試合しながらその試合に飽きちゃうんじゃないか(笑)。
でも、顔見世とは十分だ。

この二試合が放送されてない、と聞いたのだが、本当ならそれは判断ミスだね。




JZ・カルバンvsシャオリン、カルバンvsジダのカルバンの強さはすごかった。シャオリンは減量失敗もあったかもしれないけど、カルバンの強さはやはり際立っていた。「試合をしない人は、負けてなくても世界の最強ランキングから下がって当然」と以前、ミノタウロがヒョードルを評していたけど、70-73kg級で一応並み居るPRIDE武士道の選手を上回る位置づけをしてもいいような。
仮に五味隆典青き深夜青木真也がここに来て、簡単にシャオリンやカルバンに勝てるとは絶対にいえないよね。



そして山本KID徳郁柔術家ビビの試合。
自分が期待はしていたが、予想はしていなかった柔術家的なKIDの追い詰め方を本当にやってくれて、会場で見ていた自分は判定で1,2Rを取って勝利した、と感じていました。知人の解釈では「引き込みを、相手がテイクダウンしたのと結果的に同じとして相手方のポイントにつけるような基準なんじゃないの?」と推測していましたが。


ところで梅木良則レフェリーの裁き方、これは争点の部分がストップ・ドントムーブとブレイクの区分や処理の仕方にあるとしたら、今回は確かに判断失敗だった。
二回目のSDMはロープのせいであんな体制になっているんで、リング中央で再現しようもないから。

他の場所での梅木のレフェリングのうまさや誠実さは言わずもがなだし、今回あの部分でもめたのも両選手に原因の一端があるのだが・・・、一番世間に届く中で、素人目にもわかる凡ミスをしてしまったのは運としかいいようがない。



あと二点。
美濃輪育久ミノワマン、でたらめなパワーで勝ちましたな。
TVで1Rがカットされたか知らんけんども、1Rは劣勢もいいとこだったし、その内容も「スカっとしねえな・・」なものだった。
相手もその戦法を続けてれば勝ったような気がしますが、「やっぱり派手にぱっと打ち合わなきゃいかんのじゃないか?」と相手が思ってちょっとだけ始めたら(推測)、そこで逆転勝ち。
もう人間力どころか、超人力で呼び込んだ勝利だった。
でも、ユン・ドンシクやマヌーフとかとやれるんですかね。



今回のサプライズは、ヒクソン登場以外に
谷川貞治K-1と無関係なオリンピアのCMに、ピンで出演」でした。
最後はスマイルで決めてたな(笑)

な     ぜ  ????????