INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

今月(先月)のGONKAKUから

今日は特に書くことがないので、ニュース投稿をブログに保存しておこう。
先月は日程的に慌しく、発売雑誌を元にあれこれ論じることができなかった。

文章は直接の引用ではなく要約。既出もあるが一応再確認で。


GCM久保代表
「最近は、アメリカの団体から(慧舟會ではなく)うちの選手にもダイレクトにオファーの声が掛かるようになっている」

「『中村K太郎修斗に出していいか?』とUFCに問い合わせたら、だめと言われた。現在はUFCと中村は独占契約、ただし二連敗ならUFCはそれを解除できる。中村は2連敗だが『内容がいいし若いので3試合目もある』といわれた」

石毛大蔵選手の負傷はかなり大きいもので、試合はしばらく休まなければいけない」
=======================================
マルセロ・ガルシア
「総合をやるとき、ラッシュガードを着て戦いたいんだ。無いと寒いし、滑りやすい」
同誌、別記事で谷川氏にその趣旨を質問
「ああいいですね。異種格闘技戦なんだから色々でいい。」
===========================================
bodog イトラーテ氏
「シーズン5にはミルトン・ヴィエイラが参戦する」

「藤井恵とは3試合契約で合意」

「60kgではミゲル・トーレスを獲得した」
============================================
修斗外薗晶敏
「前から言ってるけど、僕は1敗でもしたら引退する。それは王者になっても変わらない」
修斗松根良太
「たぶん近い将来、試合はしなくなる。引退という言葉は使わないが裏方、育てるほうになりたい」
==========================================
原功コラム
「昨年1年間、ボクシングで来日した外国人ボクサーの勝率は
386戦31勝。勝率は8.03%。
タイ人280戦で12勝、勝率3.3%。
技量に差のあるカードが意図的に組まれていたと考えるのが自然。」

たとえば中村K太郎が「修斗に出たいんだけど」「UFCでもまだ使うから、ちょっと待って」というのはいいことなのか悪いことか。