【トンガ噴火お見舞】INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

最高に面白い名勝負・シュルトvsモー。本当にいい試合だ〜

当日、所用につき見られず。本日代休なのでビデオを見ました。
セーム・シュルトの最高の試合!!こういう試合が(個人的には)見たかった!!

シュルトさん、安全・安心のまちづくり(意味不明)

島本和彦氏が、岡田斗司夫とのCS対談で

「仮面ボクサー」「逆境ナイン」「無謀キャプテン」というのは一続きのシリーズで、その最終章として計画していたのが

安全ティーチャー

だったという話をしていた(笑)。何でも「本当の安全とは何かッ!」とかを熱く語る予定だったらしい(爆笑)。

そしてシュルトさん。
まったく持って攻撃しまくりだったし、相手のマイティ・モーが実際にKO寸前になる場面もあったのだが、それでもめちゃくちゃ安全。
つーかモー、パンチ当たったの一発?二発?

ああいう、自分にまったくダメージなく、薄皮をはぐように相手にダメージを与え続けて最後は大差というのは実にどうも楽しいものでして、たとえばファミコンウォーズ自走砲が自分は大好きでした(なんだこのたとえは)。とにかくあんな感じ。

こういうのが見たかった(個人的に)。
しかし、マイティ・モーは同じ負けるにしても相当な恐怖感と苦手意識を植え付けられたでしょうね。モーはGPにも出るんだろうが、一発でだれか強敵をつぶす可能性もありつつ、3連覇を目指す現王者にとってはまったくの安全牌になったというわけだ。
というか援護射撃を行う「持ち駒」になったも同然。歓迎いたします。


次の挑戦者・・・挑戦したがる人がいなくても、GP前に「かわいがる」ことをしてほしい。つうわけでバダ・ハリ、早くも2階級制覇に挑むってことで。



しかし、10秒に一回の割合で相手に蹴りを当て続けて、相手はまったく何の攻撃をしなくても「両者に警告」が出されるK-1ルールは、つくづく素人には分からない深淵を持つなあと思いました。

ビヨン・ブレギー改めビヨーン・ブレギー

シュルトを倒すは、夫れブレギーか・・・というのは、昨年GP1回戦での壮絶な玉砕を見ても変わらない思いだったが、そのGPに行く前に躓いてしまった。
K-1ファンとしては残念、シュルトの連覇にとってはふたたび「安全」になったが、また別の予選トーナメントに出場することもあるかもしれない。

ルスラン・カラエフvsメルビン・マヌーフ

意外に一方的になった。何度もあるとも思わないけど。