INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

週刊現代記事の標的は清原邦夫P。そして”I”オーナー?

週刊現代の記事を読んでみました。
トップ記事も内容が薄く(「開かれたウリ党」議員の安倍批判じゃあ正直弱すぎる)、それならこっちのほうがトップにはよかったんじゃないかなー、って思った部分もあるのだが、それは置いとこう。

久々の記事なので、読者には「これまでのあらすじ」を説明する必要もあるほか、「勝利の凱歌」的な記事だという面もある。だからそんなに新情報が大爆発、というわけでもないのだが、ニュース性のあるところはここ。

ロレンゾオーナーは、「I氏から」株(だったっけ?)を取得した。

清原邦夫フジテレビPは、PRIDE放送復帰を狙っている。

ところで同Pは、高給とはいえ会社員には分不相応?なマンションに入居している。

この「I氏」も清原氏と同じマンションに入居。しかも購入日が同年同月同日。

ふむ。たしかに偶然を疑うのも自然ではある。と同時に「偶然です or 何が問題か論評もできないのでコメントに値しない」という逃げも今のところ、打てるといえば打てる。どっちに傾くかは分からない。
清原Pも、例えばフジからの直接収入以外があるかどうかはしらんが、父親も結構な名士なので、そのへんは国税とかが入らない限り誤魔化せるかもしれん。

さて、ふたつ。
清原氏がスキャンダルを生むとするならば、それはPRIDEだけではなく「k-1」にも影響を及ぼすのではないか?もちろんK-1清原氏の関係はいろいろ冷えてもいるだろうし、フジには清原氏にとって代われる「親K-1」の人がいるのかもしれないが。

あとひとつは「I」氏。
これは他のメディアと付き合わせると名前は推定できるのだが、敢えて書かないようにしよう。


この人は今、結局所在不明という噂があるんだっけ?でもそしたら、どうやってI氏とロレンゾ兄弟の間で商売が出来るんだ。このへんは情報が錯綜しているなあ。



あと、「公式に指名手配されている」との説も聞いたことがあったが、今調べた限りでは名前をみることは無い。
もっとも指名手配のウィキペディアでは

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E5%90%8D%E6%89%8B%E9%85%8D

・・・法的性質は、あくまでも国家公安委員会が定めた警察内部の取り決め(行政規則)に過ぎない。つまり、一般人に対して何らかの法的効果を有する法律または命令(法規命令)ではない。したがって、「指名手配」により、被疑者の氏名等が、一般人に当然に公表されるという法的効果を持つわけではないという点に留意する必要がある。


とのこと。


あ、それからウィキペディアの「週刊現代」で、私の持ちネタ「DSEは結局週刊現代民事訴訟をしてないね」を「しなかったね」ということにして、付け加えてきました(笑)