INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

かつての新日名場面「おめえはそれでいいや」とは?

http://d.hatena.ne.jp/kerotaka/20070305/p1から、張ってあるYOUTUBEをみてください。
リンク先の感想

ゲボラゲボラ(キン肉マンの悪行超人のような笑顔で)。いや基本的に全く会話がかみ合ってないのが
面白すぎる。つーか不満を聞いておいて「俺に言うな」とか言う猪木さんマジ外道・・・・・・

いや、このスキットの面白さ、WWEもマッスルも凌駕しているよ、まじで。
でも実際、あそこで「お前は何に怒ってる?」とか抽象的な質問されて、気の効いた答えが出来るかっていうとなかなか難しく、器が試される。生協の白石さんよろしく、それに一言コメントを返すアントニオ猪木のほうだってなかなか苦労だ。しかしここで「アドリブが効かない」「コメントがあさっての方向だ」とファンから嘲笑された中西学が、それを持ち味にお茶の間バラエティの人気者になるなんて誰が予想したであろうか。


さて、なんだかんだで新日マストゴーオンなのですけど、実は親会社ユークスが、上海発株安に前後して、ついに400円台を割っているのです。昔はこっちがいくら期待心配していても、ほんとになぜかギリギリで400円を割らない、新日本なのにリックフレアー的なのらりくらり技を見せていたのですが。

圧倒的に暴騰する株価もいいが、
いつもギリチョンで400円台を守る上場企業が
あってもいいじゃないか!
それはそれで立派じゃないか!


アントニオ猪木(談)

また例のアレのパロディ。

で、まあ今は・・・http://company.nikkei.co.jp/indexs.cfm?scode=4334の通りなんですが、何よりかにより


別に400円台を割り込んでも、なんとかなるもんだ


ということが分かりました。そしてショービズのキャラバンはゆく。

毎日違う顔に出逢う 街から街へと
かみしめてる間もないほどに Oh! No! Oh! No!
喜びや夢ばかりじゃない つらい思いさえ
ひとりきりじゃ出来ぬことさ ここにいるのも