INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

終了のモバイル・ゴング連載中のみのもけんじ小説、移籍場所を模索中

コメント欄より

bass & co. 『日本スポーツ出版社の勝矢氏が、ミクシィプロレス・スターウォーズのコミュで、モバイルゴングが閉鎖になるので「真説プロレス・スターウォーズ」(勝矢氏は担当とのこと)もこのままでは連載終了を免れず、どこか興味のある出版社・関係者の方いらっしゃいませんか?と呼びかけをされてます。』

あ、来月分の契約料ひかれるのか?あとで手続きしなきゃ。
で、この物語はいかにもみのも風でした。ちょっと引用。

『第1話 伝説のレスラー』

※この物語はあくまでも、みのもけんじの妄想によって描き出されるフィクションです
。実際の団体・個人とは一切関係ありませんので悪しからず。


――200X年7月18日、東京ドーム『お帰りなさい!小橋建太佐々木健介大復活祭!!』
 メインイベントは、タッグマッチ時間無制限3本勝負・小橋建太秋山準vs佐々木健
介&高山善廣。ドーム観客動員新記録となる、10万人のファンは・・・
(略)

 ドオオ〜〜ン!!

 ゴウ音と共に場内の照明が消えてしまった。騒ぎはじめる観客たち。

「なんだ、どうした?停電かぁっ!?」
「早く照明つけろよッ!!」
「せっかくの小橋と健介の復帰戦が見れないじゃないかよぉ〜!誰か何とかしろ〜!」

(略)
 パッ、パパァーッ!!

 照明が戻り、場内が再び明るくなった。明かりが戻ると同時に、階段にいた少年が思
わず大きな声を上げた。

「うわぁっ!で、出たああっ!!!」

 少年は腰を抜かし、その場にへたり込んでしまった。

「ウ・ウソだろ!?」
「マジかよ……!?」
「な・なんでだよ!?」
(略)

TV解説席の三沢社長が大きく目を見開いて呟く。

「ま、まさか、そんなバカな…!?」

 そこには、亡くなったはずの大巨人アンドレ・ザ・ジャイアントと、超獣ブルーザー
・ブロディが立っているのだった!!

そして次々と全盛期の肉体でよみがえるレジェンドレスラー!!
彼は、ルーテーズとホットラインを持つカール・ゴッチ代理人に、日本の現役レスラーたちに挑戦状を突きつける!!

橋本真也冬木弘道がタッグを組んで!!
ザ・シークの復活がブッチャーの血をも呼び覚ます!!
そしてアンドレは、ブロディは・・・・・・・・・・・・・・・・?

というところで中断するのは確かにあまりにも惜しい。
どこかに移転しないかね。