INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

本日は赤穂浪士の討ち入り日。

12月14日です。こちらは本道の三波春夫「元禄 名槍譜 俵星玄蕃
http://www.h3.dion.ne.jp/~fukuneko/page2.html


「時に元禄十五年十二月十四日、
江戸の夜風をふるわせて、響くは山鹿流儀の陣太鼓、
しかも一打ち二打ち三流れ、
思わずハッと立ち上がり、耳を澄ませて太鼓を数え
「おう、正しく赤穂浪士の討ち入りじゃ」
助太刀するは此の時ぞ、もしやその中にひるま別れたあのそば屋が居りあわせぬか、名前はなんと今一度、逢うて別れが告げたいものと、けいこ襦袢に身を固めて、段小倉の袴、股立ち高く取り上げし、白綾たたんで後ろ鉢巻眼のつる如く、なげしにかかるは先祖伝来俵弾正鍛えたる九尺の手槍を右の手に、切戸を開けて一足表に出せば、天は幽暗地は凱々たる白雪を蹴立てて行手は松阪町…」


「吉良の屋敷に来てみれば、今、討ち入りは真最中、総大将の内蔵之助。見つけて駆け寄る俵星が、天下無双のこの槍で、お助太刀をば致そうぞ、云われた時に大石は深き御恩はこの通り、厚く御礼を申します。されども此処は此のままに、槍を納めて御引上げ下さるならば有り難し、かかる折りも一人の浪士が雪をけたてて
サク、サク、
サク、サク、サク、サクー、
『先生』『おうッ、そば屋か』

日本人に刻まれた七五調の呪縛というのは恐ろしいもので、赤穂浪士忠臣蔵なんて知らない、興味ないという人もこの名調子を聞けば間違いなく体温が上がる。


在る意味これこそメタル(意味不明)。
あのクラウザーさんが一番恐れているのはハルオ・ミナミだというのは定説だ。


また在る意味、ストーリーテリングの妙というのは時代を超えて共通。
物語の中盤、主人公のチームを鍛えた儲け役の「老師」「鬼コーチ」役が主人公対ラスボスのクライマックスでちょっと登場。


「おお、ついにやったな、お前ら!!俺も助太刀するぜ」
「いいえ! この敵だけは、僕たちが自分の力で倒さなきゃいけないんです!!」
「フッ・・・相変わらず馬鹿な奴だな。分かった、邪魔する雑魚のほうは引き受けるぜ、はやく魔王を倒して来やがれ!!」

これジャンプでしょ、少年ジャンプ(笑)


んで、こっちはわき道(笑)。毎度毎度だが「プロレススーパースター列伝」調・忠臣蔵

http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1163236875/l50

295 :愛蔵版名無しさん :2006/12/14(木) 05:03:55 id:kanBpBk4
12/14にふさわしいネタを

吉良上野介「ギャアアーーーーッ!!
      なッなんでおれ一人を全員がマークしてきやがるんだあ!?
      さ さては内蔵助の野郎 こいつら全員にいいふくめ
      おれを47対1で全殺しにするワナを仕組んだな!!


296 :便乗タン :2006/12/14(木) 05:18:49 ID:???
浅野内匠頭「あ〜ッ!いった いった ミーが一番トサカにくることを〜〜!!」


297 :愛蔵版名無しさん :2006/12/14(木) 05:36:23 ID:???
大石内蔵助「い……
        いま、おれは吉良をブッころしても
        当然のケース!」


298 :愛蔵版名無しさん :2006/12/14(木) 06:03:58 ID:???
むしろ時代劇の悪役ほど、いったん領内に帰ると
名君、いいやつがおおい!!
逆に、名前はあげぬが時代劇で正義の味方ぶる殿様に、
じつは殿中で刃傷沙汰をおこして家臣を路頭に迷わせるような
バカ殿がすくなくない!
時代劇フアンの夢をこわしたくはないが…………

【補足】列伝の忠臣蔵ネタ、http://d.hatena.ne.jp/washburn1975/20061214 でも話題に。


最後のアントニオ猪木(談)は実はマジな話であることは、さすがに最近はそれなりに多くの人たちに知られるようになってきた、ような気がする。吉良上野介、名君ですよ。

「吉良がやられる道理なんて無いはず」
「本当に赤穂浪士は正義だったの?」
ってな問いを基にした歴史書、フィクションは近年多々在るので

忠臣蔵 元禄十五年の反逆 (新潮文庫)

忠臣蔵 元禄十五年の反逆 (新潮文庫)

だけ紹介しておく。


それとは別に、実は赤穂浪士というのは突き詰めると武士のあるべき「忠誠」と「反逆」の概念に大きな楔を打ち込むもので、江戸封建主義の「神学」を揺るがした当時の大きな思想的課題でもありました。
これはこのブログでは繰り返しですね。詳しくはこちらの検索一覧にて。
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/searchdiary?word=%c0%d6%ca%e6%cf%b2%bb%ce