INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

男祭り 青木vsハンセン、川尻vsメレンデス。「修斗に配慮」といいますが・・・

http://www.prideofficial.com/free/news/details.php?id=1165295051

川尻達也(T-BLOOD) VS ギルバート・メレンデス(ジェイク・シールズ・ファイト・チーム)
青木真也パラエストラ東京) VS ヨアキム・ハンセン(フロントライン・アカデミー)



 当初、11月の横浜アリーナ大会で青木VSメレンデス戦が組まれており(メレンデスが負傷により欠場)、青木が自らの試合直後に大晦日メレンデスとの対戦をマイクアピールしていた。だが、「その流れで青木VSメレンデス、川尻VSハンセンという組み合わせもありました。ただし川尻選手とハンセン選手は今年2月の修斗代々木大会で不完全燃焼の試合に終わっており(※1Rわずか8秒、ハンセンのローブローによる川尻の反則勝ち)、現在PRIDEと友好関係にある修斗さんのことを考えても、今年の大晦日にPRIDEで組む試合ではないと判断しました。また、同時に川尻VSメレンデス、青木VSハンセンという組み合わせになっても面白い試合だと思っています」と、対戦カード決定の経緯を説明した佐伯広報。


記者会見で。
「すいません、大晦日でもし修斗の選手がKO負けしたら、来年2月の修斗のパシフィコ興行には出場しにくくなりますよね?」
「ああ、今日もいい天気だねぇ」


ま、リスクと弁当は自分持ち。これが大原則だし、やる前に負けることを考える馬鹿がいるかよって名言もある。
これでいい形で勝てば、パシフィコは押すな押すなの大盛況になる可能性もあるのだ。
にしても、修斗の幹部にとっては誰に勝ってほしいのかな・・・?


勝敗も純粋に予想が難しい。
http://blog.livedoor.jp/suck_me_disco/archives/50804980.html

・・・グラウンドに持ち込めば青木の鮮烈な一本勝ちが見られそうですが、青木は前回のクレイ・フレンチ戦でも良いパンチを被弾してましたし、ハンセンが相手なら一筋縄ではいかないでしょう!


ところで、前から何度か書いたけど「PRIDEは修斗と友好関係を結びながら、貸し借りをしている。K-1はそれなしの引き抜きに近い形で、関係は微妙にねっている」と聞く。高島学氏がいうのだから間違いはあるまい。
あの気配り名人、対立分裂のキック界に根回ししてK-1MAXを切り盛りできる谷川貞治さんがそうなってしまうとは意外なものだ。