INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

ヒョードル欧州マネージャー語る「ヒョードルとの契約は、すべて一試合契約で。どこの団体とも交渉するよ」

最近、格闘技雑誌を読むときに、その試合リポートは面白いか、味のあるインタビューかという価値観とは別に「どの程度、新情報が載っているか」もチェックしている自分がいる。ややこしくなったものだね。

で、自分は格闘技通信を読んで、ああ、、新情報はこれだな・・・と思いつつ、その後忘れてたわ(笑)。
格通」をなんとなく軽んじてしまっている自分に反省せねばならん。
その前に、こちらでまとめられているので紹介。
http://blog.goo.ne.jp/hiroshi_nielsen/e/4e76d1c0205476dcff2037e2cdf34a82

ヒョードルDSE(PRIDE)は複数年契約ではない(もっと短い契約)。今後は単発契約(1試合ごと)にしたい

MFC(具体的にはスポンサーのBODOG)がヒョードルと契約したがっているのは事実。話し合いは継続中

ヒョードルはドライな選手たちの中でも特に、PRIDEに対してそれほどの思い入れがない選手じゃないか?とは言われている。
「鎖の中の、弱い環」なのだ。


上の引用を少々補足すると、マネジャー氏は
「独占契約って、そもそも実力が未知数の選手に対し、リスク軽減のために必要になるものだろ?ヒョードルは完全に実力を証明しているんだから、そんなものは必要ないんだよ」

まさに絶対君主制!!
昔、榊原信行DSE社長もMFCの攻勢に関しては「PRIDEの歴史や権威を評価してくれると思う」という義理人情にからめた?希望的観測しかできなかったんだよな。


ロシアで戦えば中村和裕高瀬大樹も大人気に?

なること請け合い。なぜか?これも上から引用。

エクテル氏インタビューの次のページに、ロシア格闘技事情がちょっと書いてあって、それによると、、、
・・・インターバルではラウンドガールが毎回、1枚ずつ服を脱ぐなど、パフォーマンスもなかなか凝っている。

秒殺を続けると大ブーイングかも(笑)