INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

K-1、ボブ・サップを訴える。他の契約問題も噴出、対象はやはり・・・

FEG/K1 & HERO'S 】 ボブ・サップヘ谷川代表「損害賠償請求します」 < 無人
http://gbring.com/sokuho/news/2006_10/1011_k-1.htm
 10月11日(水)都内ホテルにて、ボブ・サップアメリカ)についての緊急記者会見が行われた。会見にはFEG谷川貞治代表取締役FEG顧問弁護士・五十嵐敦氏が出席した。

(中略)

 サップと個人的に親しいK-1のスタッフが「今後どうするのか?」とサップに聞いたところ、「11月末のプロレス団体に上がって、12月31日にそのプロレス団体を主催する格闘技興行に上がるんだ」と言っていたとか。「その団体にも3回ぐらい警告書を送っております。返事は一回もありませんが」(谷川代表)。




FEG/K1 & HERO'S 】 メレンデスも契約違反、谷川代表「選手個人に訴えています」 <
http://gbring.com/sokuho/news/2006_10/1011_k-1_02.htm
 会見内容は「契約の存在確認と、契約不履行に対する損害賠償請求」で今週中にボブ・サップ(フリー)を東京地裁に訴えることが主な内容だったのだが、谷川代表は「もう一人選手とトラブってまして……」と語り始めた。

 今年5月3日(祝・水)東京・国立代々木競技場第一体育館で開催されたTBS主催『HERO'S 2006』の「ミドル級世界最強決定トーナメント」開幕戦に出場メンバーとして発表されていたギルバート・メレンデスアメリカ/シーザーグレイシー柔術)だったが、直前になっても来日せず。メレンデスの代役としてハニ・ヤヒーラ(ブラジル/アタイジジュニア柔術) が・・・・・


いやー、おもろいわー。
裁判によって、これまで噂だった契約内容や、あの事件やこのトラブルのさまざまな状況が明らかになることは事実なので、追って行きたいものだね。
もうちょっと前なら、実際に裁判所に行くことも可能だったのだが。

しかし、気になるのが「11月末のプロレス団体に上がって、12月31日にそのプロレス団体を主催する格闘技興行に上がるんだ」
プロレスと格闘技を両方興行するプロモーション。
あっ!!新日本プロレスは再び「アルティメット・ロワイヤル」を実施するのか!!!これは大ニュースだあ


ところで余談だが五十嵐敦弁護士って

同姓同名の人がいなければ、ひょっとして知的財産や著作権、肖像権などの問題で専門的に活躍している人かもしれない。いくつか著作もあるはずだ。

GBRが踏み込んだ報道内容。

客観的なジャーナリズム魂か、ある一方の「立場」に、一歩踏み込んだのか。
どっちであろうとも、読者に詳しい情報が最終的に渡ればいいのである。

あ、GBRとはhttp://gbring.com/ね。