INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

「鼻で呼吸が出来たから、優勝できた」−ミルコ復活の意外な事実

本日、kamipro増刊が発売された。

読み物としてとは別に、最新のニュースとして伝えられるものは在りや無しやという点で見ると、「PRIDEはこの人の支援を受けているから大丈夫!」という宣伝の意味も込めて最近名前が挙がるエド・フィッシュマンのインタビュー、ひさびさに「バララッパ」が鳴り響く榊原信行インタビューなどだが、単体として興味深いのはこのトピック。

今回、ミルコ・クロコップが体重を絞ってきたことを問われ、それはハードトレーニングを積める体になったから、と説明する。

「じつは以前から鼻の手術をしようと考えていたんだ。これはK-1時代からのいわば古傷なんだけど、鼻骨を折って以来、鼻の内部に骨が出ているような形になっていて、俺は鼻で呼吸するのが難しかった。その結果、これまではどうしても口で呼吸をすることになって、スタミナに悪影響を及ぼしていた(略)。医師に相談したんだよ。そしたら彼が鼻が通る塗り薬を調合し塗ってくれたんだ。」


−−鼻がスーッとなる薬ですか?


「そうだね。それを縫ってトレーニングすることで、花から呼吸が出来るようにならしてきたら、これまで鼻で息が出来ないことで、とにかくスタミナに不安があったが、鼻呼吸ができるだけで、これほどまでに違うのかと自分でも驚いたくらいだ。いつも以上にハードなトレーニングを積み、食事もしっかり摂り、睡眠も充分出来た結果、グッドシェイプに絞ることができた・・・・」

ふーむ、聞かなきゃわからないことだよな。
たしかにミルコは口で息することが多いけど、それは筋肉質とラッシュのせいだと思ってた。
けっこう、アマの選手とかも「怪我や故障をなおすため、思い切って休んでメンテナンスしただけで、格段に強くなった」とかいるらしい。

しかし、インタビュアーじは優勝後殺到しただろうし、発売日が早い雑誌や新聞もあったはず。
彼らがこのミルコの鼻故障と優勝にまつわる秘話、を書かずに書けずに、今回のインタビュー記事が初出だったらとしたら、これは一種の「スクープ」である。


聞き上手すぎる堀江ガンツだから、うまく誘導して聞き出せたのか、
それともkamiproには何かのお土産を持たせてくれ、という話が伝わっているのか。
いずれにせよ、意外な新事実だった。



この話を書き上げた後、これは外国人も驚くだろう、教えてあげようと意気込んだら、UGフォーラムに入るパスワードとか忘れてた。
微妙に時代の移り変わりを感じました。
昔はUGフォーラム常連だったのに。



あ、ジョシュ応援ブログ枢軸のひとつ「burningspirit」でも紹介されてた。
http://www.burningspirit.com/log/eid1386.html