INVISIBLE Dojo. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

「オーマイニュース」をめぐる2題

毎日新聞の企画「にっぽんに思う」
にっぽんに思う:/2 日本版「オーマイニュース」 匿名の中傷に危機感

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/heiwa/nipponni/news/20060801ddm041040144000c.html

オーマイニュース編集長の鳥越俊太郎は、毎日新聞OBだというつながりもある。


その一方。同日産経新聞のコラム「断」。これはサイトには載っていないので一部紹介しよう。

「似たようなネットジャーナリズムの試みはすでにライブドアが手を出して悲惨なことになっているのですが、そこはそれ、何か凡人には計り知れぬ深謀遠慮があるらしく、自信満々です」


「さすが韓国政府が大手マスコミを権勢するため資金支援しているメディアのひとつ、本家オーマイニュース、ぬかりがありません」


「ネットにもすでにお国柄があります。既存のマスメディアの『反日』『自虐』ぶりを笑い飛ばし、『嫌韓流』を静かに支えてきたわがニッポンのネット世間のリテラシーにどこまでその露骨な『韓流』が通用するか。」


「いやあ、さぞかしステキな新聞になることでしょう。わくわくします」


さて、上の書き込みで作者がわかった人はえらい。そう、筆者は大月隆寛氏です。
彼は民俗学的に、何度も「2ちゃんねる」や「サイバッチ」などの、ある意味いかがわしいメディアを評価していたし積極的にかかわっている(サイバッチインデプスの編集長や、おそらく諸君「麹町電網測候所」のアンカー)から、ある程度、それらより自分たちのメディアの「優位性」を誇るオーマイニュースとは、当然見方が対立しますわな