INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

小泉首相の訪米とプレスリー家訪問は成功?失敗?

一部では軽薄すぎるとか遊びに行ったのか、という批判もあるようだが、結局のところ民主主義が成熟し、日常になったとき、政治というのは見世物性を帯びるのはコミコミだということだ。
そういう点で、プレスリーすきを臆面もなく公開した小泉のパフォーマンスは、基本的に役に立つと思う。


だって逆の立場でだ。

メタモカ国(架空の国です)の大統領が訪日したと。
この人は「昔みた、石原裕次郎の映画に衝撃をうけた。裕チャンは僕の青春だ」と言って、あちこちでそれを公言、そんなにお好きならということで小樽の記念館にいって、首相と北海道知事と、石原慎太郎が案内すると。
中で「ワガージンセイニ、クイーハナイー」と調子っぱずれで歌い、小泉に「では「嵐を呼ぶ男」に質問をどうぞ」と促し、記者団とやり取りした後、「ヨギリヨコンヤモ、アリガトウ」と言ってみなよ。


日本人でかなりの多数が、好意と注目を与えると思うよ。

ここで田岡俊次氏をまたまた槍玉にあげたいところだが、時間の都合で断念する。
ただし、中国外交(最近コキントウも訪米したばかり)と比較していうと、相対的にしたたかではあるんdなろうが、インフォーマルの力というのを中国外交はまだ使いこなせていない(船橋洋一氏も「中国はもっとも格式にうるさく、それも正式な格式をもとめる」と言ってる)。
これで留学帰り(小泉や安倍とちがってちゃんと勉強したやつ((笑))がさらに中国政府の中枢に上ると、また違ってくるとは思うが