INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

PRIDE黙示録

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060605-00000077-mai-soci

 小羊がその七つの封印の一つを解いた時、わたしが見ていると、四つの生き物の一つが、雷のような声で「きたれ」と呼ぶのを聞いた。
 そして見ていると、見よ、白い馬が出てきた。そして、それに乗っている者は、弓を手に持っており、また冠を与えられて、勝利の上になお勝利を得ようとして出かけた。


 小羊が第二の封印を解いた時、第二の生き物が「きたれ」と言うのを、わたしは聞いた。
 すると今度は、赤い馬が出てきた。そして、それに乗っている者は、人人が互に殺し合うようになるために、地上から平和を奪い取ることを許され、また、大きなつるぎを与えられた。


 また、第三の封印を解いた時、第三の生き物が「きたれ」と言うのを、わたしは聞いた。そこで見ていると、見よ、黒い馬が出てきた。そして、それに乗っている者は、はかりを手に持っていた。


 すると、わたしは四つの生き物の間から出てくると思われる声が、こう言うのを聞いた、「小麦一ますは一デナリ、大麦三ますも一デナリ。オリブ油とぶどう酒とを、そこなうな」。
 小羊が第四の封印を解いた時、第四の生き物が「きたれ」と言う声を、わたしは聞いた。
 そこで見ていると、見よ、青白い馬が出てきた。そして、それに乗っている者の名は「死」と言い、それに黄泉が従っていた。彼らには、地の四分の一を支配する権威、および、つるぎと、ききんと、死と、地の獣らとによって人を殺す権威とが、与えられた。


 小羊が第五の封印を解いた時、紙の言ゆえに、また、そのあかしを立てたために、殺された人々の霊魂が、祭壇の下にいるのを、わたしは見た。
 彼らは大声で叫んで言った、「聖なる、まことなる主よ。いつまでもあなたは、さばくことをなさらず、また地に住む者に対して、わたしたちの血の報復をなさらないのですか」。
 すると、彼らのひとりびとりに白い衣が与えられ、それから、「彼らと同じく殺されようとする僕仲間や兄弟たちの数が満ちるまで、もうしばらくの間、休んでいるように」と言い渡された。


 小羊が第六の封印を解いた時、わたしが見ていると、大地震が起って、太陽は毛織の荒布のように黒くなり、月は全面、血のようになり、天の星は、いちじくのまだ青い実が大風に揺られて振り落とされるように、地に落ちた。
 天は巻物が巻かれるように消えてゆき、すべての山と鳥とはその場所から移されてしまった。
 地の王たち、高官、千卒長、富める者、勇者、奴隷、自由人らはみな、ほら穴や山の岩かげに、身をかくした。
 そして、山と岩とにむかって言った、「さあ、われわれをおおって、御座にいますかたの御顔と小羊の怒りとから、かまってくれ。
 御怒りの大いなる日が、すでにきたのだ。だれが、その前に立つことができようか」。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060605-00000077-mai-soci




=============下は、この驚天動地のニュースの前に書いた普通の感想====================





昨日から出ていてようやく戻ってきたところ。
泊まり先では地上波K-1を見られたが、K-1ノーカット版もPRIDE武士道も未見です。
武士道再放送をみつつ、途中で寝てしまう感じになるだろうな。



PRIDE武士道みっつだけ書かせてください

未知の強豪、本格上陸

ながらくPRIDEだけ見ていた、それしかしらないという人には評判だけは聞いていただろうが、実際に本格参戦したのをみてそのすごさ、格の違いというのがはっきり分かり衝撃を覚えたのではないか。
えーとケガール・ムサシのことじゃありませんよ、高阪剛as解説者、のことです(笑)。
しかし、それはわれわれの熱望していたところではあるが、もう少し正確には「高田延彦を降ろしてTKに」(笑)という要望だったんですけど(笑)。まあ最初からそこまで望むべきでもない。とりあえずは定着希望だ。


郷野聡寛のへんなおどり

http://dl.rakuten.co.jp/shop/rt/prod/610275347/
での入場。

いまやダンサーを引き連れての入場といえば、須藤元気郷野聡寛滝田J太郎の三人が並び立つ状態になってしまった。
なってしまってるのか?

いろいろ日本人が勝った訳だが

石田光洋選手は愛称もさるだろうとは云え、無事マーカス・アウレリオのしたからの極めを防ぎ勝ったのは殊勲。
とはいえ他の強豪に石田が勝ち続けるかといえば勝てないだろうし、確かに混沌。

川尻達也三崎和雄、それぞれめでたいが、
「相手の弱点は寝技と関節技だと思う」
「相手の弱点は最初のラッシュをしのいだ後のスタミナ切れだと思う」

というべたで素人丸出しの単純な弱点の見立てが、そのままだったとは(笑)

とくに三崎は、最初に飛び膝蹴りの威嚇で相手をまっすぐ進むのを止めて、コーナーでのボディへのこつこつとした打撃でスタミナ奪って、バローニが大振りフック中心になったらダッキングでかわしてさらに消耗させ・・・というのは、それこそ近藤有己がやるべき作戦だったじゃねえかあと。せめて飛び膝蹴りは近藤もやってほしかったよ
もちろん、それが彼に出来ず三崎なら出来たというのは、本人の資質や戦略もあり少なからず必然ではあったのだろうが。


マッハ

マイクがグダグダになるのは分かりきってるんだから、最初から渡すな。

次回

強すぎるので、パウロ・フィリョとダンヘンを2回戦でぶつけて潰しあうのも病むを得まい。