INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

修斗王者・青木真也の新しい戦場とは?

http://kumapage.exblog.jp/3659556
を読めば経緯はお分かりだが、要は公表されていた進路(静岡県警)を見る限り現在は警察学校に入寮中。他の選。手がブログなどで触れているような行動は、とても時間が取れないはず。つまりは退職したのではないか・・・・という話です。


いやいや実は。
http://www.asyura2.com/sora/bd13/msg/839.html

日本の公安組織、中でも警備・公安警察に戦後間もなくから「サクラ」「チヨダ」と呼ばれる裏組織が厳然と存在し、共産党対策を中心に菅生事件や共産党国際部長宅盗聴事件など数々の秘密工作活動を平然と繰り返してきた事実を踏まえると軽々しく笑い飛ばせる話と切り捨てられない。
共産党国際部長宅盗聴事件の発覚で『サクラ』から『チヨダ』と名前を変えた部隊は、今も『ゼロ』と呼ばれて活動を続けています。現在は警察庁内で組織の見直し作業が進>んでいるようですが、戦後の民主警察という建前の裏で警備・公安警察が表立ってできない工作活動をこうした秘密部隊を使って繰り広げてきたのは疑いようのない事実です」

「ゼロ」に編入された警官は、所属の籍を抹消され、同期も親族もどこに勤めているのか分からなくなる・・・。そもそも机すらないのだ。彼の「殺しの技術」が評価されたことはいうまでもない。ひょっとしたら既にマーダー・ライセンスを支給されているかもしれん。
そして警察が、ファンの疑念を掻き立ててしまうリスクを犯しても、彼を組織に極秘裏に編入せざるを得ない特別の理由があった。
彼は静岡県警。
静岡県警が、格闘家を集めなきゃいけない理由なぞ分かりきっているだろう。
静岡県にあってZEROの直接指示を受ける部署とは・・・・・・・・・・・・・
”対「G」特別対策室”に決まっている。

http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20060508#p1

http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20060509#p3


終戦争は間近だ。(フィクション)

真面目な話

仮に復帰しても、公約どおり他の団体には上がらず、修斗一本でやっていくんでしょ?
UFCにもPRIDEにもHERO'Sにも出ないとなると、生活はたいへんだな。
つうかあんなこと言わなきゃよかったのに・・・