INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

批判本「天晴れ! 筑紫哲也NEWS23 」が発売(文春新書)

http://www.bunshun.co.jp/book_db/html/6/60/49/4166604945.shtml

天晴れ! 筑紫哲也NEWS23
中宮崇    


■内容紹介■
ひたすら日本を憂い、中国様、北朝鮮様よりも更に反日的! TBSの看板番組のあっぱれ報道を、完膚なきまでに愉しむ究極のTV本


TBS夜の看板ニュース番組「筑紫哲也NEWS23」を毎晩録画し、その報道や発言をすべて文字にしている著者による“良心的ニュース番組”の娯しみ方。坂本弁護士ビデオ問題で「TBSは死んだ」とのたまってから10年、ひたすら日本を糾弾し、他人に厳しく自分に甘いダブルスタンダードは堅持、中国様朝鮮様のためならば、正々堂々と世界を歪曲して伝える、天晴れニュース番組のモノ凄さを皮肉たっぷりに余すところなく伝えます。あきれてから笑うか、笑ってから怒るか。(HH)

(「はまぞう」にはまだ無いよ)

作者の中宮氏、けっこうオーバーランというか暴走した発言や、勝谷誠彦氏のような言わでもの乱暴な表現が多く、ブレーキ役、分析役の別の筆者を交えたアンソロジーであれば更に良かったと思うが、「毎晩録画し、その報道や発言をすべて文字にしている著者」の日々の努力によってこそ、この本は成立するのだから、そこは文春新書のうまいところだろう。

作者も参加した、そういうアンソロジーには

がある。

筑紫哲也氏、「お前、ライブドア持ち上げてたじゃん」に反論する(した?)

実は彼、先々週か先週か、例の「週刊金曜日」のコラムで、「私にも直接かかわってくるのだが『TVはホリエモンを持ち上げてたよな』という声がある。これについて後日述べたい・・・」と書いていた。
その次の号などは読んでいないので、反論がされたのか、どんな反論だったかは分からない。
「多事総論」ではちょっとやっていたけど。