INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

”ブレーキの壊れたディレクター”佐藤大輔かく語りき(Kamipro)。

というわけで、「GP王者(=セーム・シュルト)がDynamite!でアーネスト・ホーストと闘ったらフジテレビは許さない」という、牽制球にしてはやや剛速球すぎるボールを投げた佐藤大輔氏。まだ30代になったばかりでPRIDEの演出を一手に引き受ける若き俊英は、同時に最高級の毒舌エンターテイナーとして人気は赤丸急上昇中です。


この王者出場問題に関する発言は、今月のKamiproで、同じく若き格闘技界のエース、堀江ガンツ氏がインタビューの中で引き出したもの(NHBニュースに転載したように、普通の報道的な意味でもこれは”スクープ”と呼べよう)である。
そのロング・インタビューからもう少し一次情報や意見を引き出しておこう。

Dynamite! vs 男祭り

◆そもそも6時間放送のフジと2時間半に圧縮するTBSとは性質が違うし、勝負しようが無い。

男祭りの社内評価

◆フジテレビは大みそか、これまで二桁を稼ぐ番組がほとんどなかった。「男祭り」の二年前は平均3.5%。だから二桁の時点で社内的には「ヒジョ〜〜に評価が高い」。

社内戦争

フジテレビの中では、実は他のドラマ、バラエティがTBS以上のライバル。彼らを押しのけてアピールする必要があるので、実はTBSなど他局の格闘技番組が高視聴率だと、社内を説得しやすくて嬉しい、という面がある。
武士道なんかもPRIDEも午後9時ぐらいに放送したいのだが、ドラマとかがライバルだ。
そういうライバルが内部に無く、格闘技しかウリがないからそれ一色で宣伝できるTBSさんがうらやましいですなあ(やや意訳)

今年はウチも・・・

「今年は”ジャンル違い”のことをウチもやるかもしれないですね」
(引用者申す。なにか噂に聞く、俳優同士の試合がどうとかこうとか?)

TBSの煽り映像、演出は・・・

「僕はやんないかな」「クリエイティブな作業とは思えない」「TBSのみなさんがああいう作りをして本気で涙しているとは思えない」

五味vs櫻井、KIDvs元気

「僕らとしては五味vsマッハ、KIDvs元気の両方を見てもらって「だれが一番強いか、みなさんが判断してください」と・・・だって五味選手って絶対KIDや元気よりも強いと思いませんか?


今回は榊原社長が吼えない分、きっちり暴れてくださいました。
要望としては、この人が1回2回のゲストというのは勿体無いので、レギュラーコラムを持って欲しいということ。

佐藤大輔の「ジャンルが違うよ!」とか。


あと、表紙に「巨匠・佐藤大輔、大好評連載!」とか銘打てば、全国で60人ぐらいのSFファンが間違えて買う可能性もあり(笑)。