INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

決戦間近!ジョシュ・バーネットインタビュー(シュルトについて・部分訳)

http://www.burningspirit.com/log/eid876.html#comments
にて、ジョシュ・バーネットと新日本の軋轢やG1欠場に関する真実を他に先駆けスクープしたZach Arnoldらの「プロレスパワーhttp://www.puroresupower.com/が、インタビューをジョシュに敢行したことは一部のファンがご存知の通りだが、質問した縁などもあり、このインタビューが私のところにも送られてきた。
これは、日本のファン向けの特別版だという。

全訳は間もなく、
http://www.burningspirit.com/
にて掲載の予定だが、先行上映として私も関わるごく一部を紹介させていただこう。
「青い目のケンシロウが、巨神兵を語る」とでも題すれば分かるかな?

Zach 
−−グリフォンから、セーム・シュルトに関する質問が来ている。「セーム・シュルトさんがこの前K-1グラウベ・フェイトーザに勝ちました。彼は決勝に進出するわけですが、ファイターとしての彼をどう評価しますか?シュルトさんは総合と立ち技、どっちに向いているんでしょうか?」



ジョシュ「彼がどんな練習をしているのかわからないから、一概に言うのは難しいけど・・・シュルトさんは、総合、立ち技どちらにも高いポテンシャルがあると思う。
正直言うと、セルゲイ・ハリトーノフvsシュルトでも、セルゲイのほうにも絶体絶命!という場面が何回か・・・3回ぐらいあったと思う。セルゲイは、本当に狭い道を潜り抜けてシュルトに勝ったんだ。本人は気付いてないかもしれないけど。


シュルトは、一撃必殺の拳を持つ男だ。それを食らえば、試合終了さ。大抵の人間はセームからの、まるで刑罰を受けてるようなブローを耐えられない。あの火の出るような打撃を受け止められる格闘家はそう、多くないよ。
あの試合ぐらいじゃないか?セルゲイが、打ち会いの時に目をつぶっているのはね・・・。


シュルトの、総合に関する適性は間違いなくある。ほんのわずか、最新型に直すための改良が必要だけどね。彼は7フィート、290ポンドの巨体を持ち、その巨体をどう生かして戦うか−グラップリングの時、その巨体は不利に働くことも含めて−、その術を知っている。
彼は間違いなく、優れたキックボクサーでもあり、また今でも総合のベスト10にランクインする男だ。


K-1では疑問の余地無く、大活躍できるよ。彼は空手のバックグラウンドがあり、空手とキック合わせて豊富な経験がある。僕は、今回のK-1GPで、シュルトが優勝する可能性はすごくあると思っている。」



Mr. Gryphon has a question about Semmy Schilt. Schilt won his K-1 fight
against Glaube Feitosa
on the 9/23 Osaka Dome and will work the 11/19 Tokyo Dome show. What are
your thoughts about Schilt as a fighter and is he better suited for stand-up
fighting or MMA?

A: I don't know what kind of training he does. It's difficult to say, but I
think his potential in MMA is very high as well as stand-up. Honestly, I thought that there were several moments when he fought Kharitonov that Kharitonov barely escaped from the narrowest of margin, missed getting his teeth knocked out 3 times.
Kharitonov didn't realize how close he was to getting beat by Semmy. Semmy
is the kind of man who gets a clean punch and the fight is over. People
can't absorb the punishment of his blows. Not many people in MMA can absorb
Semmy's punches and fire punches back. This was the only time I've ever
seen Kharitonov get cross-eyed. I think Semmy's potential in MMA exists.
He would need to make slight modifications. He's 7 feet tall, 290 pounds,
he's a big guy and knows how to fight. He knows how to grapple and being 7
feet tall has some disadvantages but surely Semmy is a strong kickboxer and
he could still be a top-10 guy in MMA. In K-1, no doubt, Semmy is always
going to do well in that league. He has a karate background. He's had many
karate and kickboxing matches. I always thought that Semmy in the K-1 GP
always has a strong chance of being a winner.


強敵とかいて、「とも」と読む。
また、
Q: What was the toughest fight you've ever had in MMA? という質問にも


「総合の試合での、自分のタフエスト・ファイトは2003年大晦日の神戸ウイニングスタジアム、『猪木祭り』だったよ。あの夜はとんでもないハードファイトで、僕は勝利のためにあらゆる力を振り絞らなければならなかった」
(A: The toughest fight in MMA was my fight against Semmy Schilt on 12/31/03
on the Inoki Bom-Ba-Ye show at Kobe Wing Stadium. That night, it was a very
hard fight and required a lot of effort.)」


とも語っている。詳しくはバーニング・スピリットサイトでの全訳を待て。

ちなみに、日本テレビの編成部長も「2003年の猪木祭りが、自分のタフエスト・ファイトだった」と回想しているそうだ(嘘・・・だと思う)。


【補足】バーニングスピリットサイトの全訳はここで公開
http://www.burningspirit.com/log/eid884.html