INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

川田利明が裏切り、モンスター軍加入・・・について

ハッスルはサムライで月遅れでやっていても、最近は見逃すことが多い。
というのは、基本的に試合がだるいからで、一応スキット自体には興味があるのだ。だから案外、週プロや紙プロでストーリーだけ追っていくのがこの団体には合っているんじゃないかとも思うよ。


それで、週刊プロレスを見ていたら、川田利明小川直也とハッスル軍を裏切り、高田モンスター軍と合流。高田総統から葉巻を受け取り、「そういうことだよ、バッドラック」と言い残して去っていく・・という展開でした。


だいたい、世界中の団体が大きく分ければベビーとヒールに分かれて抗争しているわけだけれど、その一方の主役級がもう一方に移る”ターン”はやはり一番に盛り上がる一方、ここぞというところでだけ使うべき勝負の切り札であることは間違いないですね。

ただのガキであった自分が、「おおおお!裏切りものが出たア!!」と大衝撃を受け、大騒ぎしたのはご多分に漏れずキラー・カーンが正規軍から維新軍に移籍した「裏切りのアルバトロス」だった。
あれは衝撃的だったな。最初からタッチに応じない、という伏線を張っていたのがいきなりの裏切りとは違っているけど。これ以前に、裏切りとターンが日本で派手にやられたことはあるのだろうか。
たぶん、外国人vs日本人が基本レイアウトだから少なかったろうな。


で、ハッスルだが。
橋本真也がまだ健在の頃は、小川直也がヒールターンしたら?てな意見もあったけど、今のような状態なら、その役目が川田というのはちょうどいいところをついている。

よく「無骨な川田が、がんばってハッスル路線に対応している」みたいな論調があるけど、自分のイメージとしては昔から「川田は全日四天王で一番の芸達者、言葉のプロレスができる人」だったのでそういう評価におどろいた。
手前味噌で自分のHPを紹介するが
http://www20.tok2.com/home/gryphon/JAPANESE/VOICE/voiceindex.htm
の「川田、鶴田コンサートに行く」での間の取りかた、オチのうまさなどは特筆ものなんだから。それにカツゼツがいいんだよね。石狩とのやり取りの達者さもむべなるかな、だ。



そして、ハッスル全体がこれからどうなればいいかというと、とにもかくにも「黒字化」してほしいということだ。黒字で経済規模が大きくなって、それがPRIDEのほうにフィードバックされればそれが一番。逆に赤字だったら切って欲しい。シンプルな望みだな。
今、名古屋や後楽園では満員が続いているけどどうなるのかな?