INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

格闘技パロディ漫画集「漢祭り」

http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20050108#p1

http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20050812#p1

にて紹介させていただいた「漢祭り」を、今回も送っていただいた。
冒頭の漫画はセルゲイ・ハリトーノフとエミリャーエンコ・ヒョードルが「おろし家おヒョー・ハリりん」なる漫才コンビを結成し、ロシアンフックによるドつき漫才を行うというネタでした。

4コマ漫画では、昨年末の「漢祭り2-SADAME」にツッコんだネタが多く、
吉田秀彦vsルーロン・ガードナー
「金メダル同士のSADAMEです」


桜庭和志vsヴァンダレイ・シウバ
「『真の決着』をつけるSADAMEです」


長南亮vsアンデウソン・シウバ
「えー、彼らのいとこの隣の家の友達の親戚同士のSADAMEが・・・」

とどんどん無理が出てくる様を描いたものなどが。
世界の所英男さんも登場するのだが、驚くべきなのは登場した4本の作品すべてがノンフィクションであり、しかもすべてギャグ漫画として成立していることである(笑)。タイトルも「となりの山田くん」ならぬ「となりの所くん」。

作者本人の談によると、実話をそのまま漫画にするのはあまり本意ではないのだが、あえて行ったとのこと。ただし、美濃輪育久のネタは面白すぎるので控えたとか。


ヘヴン。




この、所さん漫画の中の「HERO'S前日窃盗被害・おいおい優先順位違うだろ事件」の絵がかわいらしいので、右上に引用させてもらった。


この本への問い合わせはPRIDE0@hotmail.co.jpへ。


所選手で思いついたネタ

で、小ノゲイラ戦で一躍スターダムに乗った所英男選手を、前回の紙プロヤノタクとの対談などで大特集。最新号で編集部が語るところによると
「もう、反響がすごくてですね。特に女性読者の。」
とのことだ。


その中には、紙プロを経由して(←ここ伏線)、自分の写真や携帯番号つきのファンレターを送る積極的な女性ファンも結構いるらしい。


その写真を見た、所選手が一言。
「・・・魔裟斗選手は、こんなの食べな(以下略)」




うーんブログの品が下がるなあ。