INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

山崎拓が日中危機を救う?愛川欽也「パックイン・ジャーナル」より

おなじみ愛川欽也パックイン・ジャーナルより。報告遅れてすまん。
なんとここでは田岡、川村氏などが山崎氏を評価。キンキンは予想の展開から大きく外れ不満いっぱい。

田岡俊次(元帥) 「とくに福岡でね、山崎さんが通って当選して常任の総理の顧問、顧問って言うか外交担当の補佐官になると。なれば今までの日本の、妙なネ、反韓反中みたいなのはね、だいぶ是正されてね、彼は靖国問題でもなんかうまい妥協策を中国と一生懸命相談しているようだし・・・」


愛川欽也(ムッとして)「だいぶ持ち上げてますね」


川村晃嗣「実際に山崎さんが今一番売り込んで、演説を大衆の前で売りこんでいるのは『私が当選すれば外交問題において、さらに中国ともあるいは北朝鮮朝鮮半島、アジアにとっても私はさらにできること、お役に立てることがある』と言ってるんですよ・・・」


あいきん逆上「ちょっと待ってくださいよ! それは小泉さんがやるかやらないかって問題であってね、それが国民の関心事でそれで当選するってなったらね、選挙ってのはもうまさに代理戦争以外のなにもんでもないじゃないすか!」


田岡元帥 「しかし、あれだけまさに、外交家として有能な人がね・・・」


あいきん 「有能なの?」


田岡元帥 「そりゃ実績も高いです」


川村晃嗣 「実際、まああの山崎さんってのは(中国の)大連生まれなんですよ。だからしょっちゅうその、中国や北朝鮮とのパイプってのは自分でも、これからもズーッと、日本の政治家の中ではね・・・」


あいきん「でも川村さん、ぼくの友達にも満州から引き揚げてきた連中はね、日中の何か(パイプ役)じゃないですよ!!」(注:いくら何でもムチャな反論)


川村「ただ、それがなんで小泉さんにできないことを山崎さんができるかっていうのは、それはある部分政治家における外交ってのは役割分担もあるでしょうけど、小泉さんに欠けてる部分を山崎さんが補ってるってところはたしかにあるでしょう」


あいきん(憮然と)「じゃあね、(彼を褒める)『山崎音頭』を続けるんじゃなくて・・・」


こっから選挙自体の勝ち負けが話題になる。朝日新聞日刊ゲンダイも山崎先行の見方だという。


田岡元帥「これはね、まあいっちゃ悪いけど(民主党の)平田さんとでは勝負にもならないって感じ」


川村、慌ててフォロー「勝負にならないかどうかはわかりませんけれど・・・」


創価学会、とくに婦人部がキーだという話に成って、田岡元帥が断言
公明党婦人部動くみたいです、ウチ(朝日)のアレ(取材)では」

感想。キンキンが民主びいきであってもいいんだが、今回は感情があからさまに出過ぎ。司会ならもっと巧妙に、自分の出したい方向に誘導できるもんなのに。そのへんは正直(ヘタ)すぎて安心だね。この人は、自分がワガママ、感情の赴くままに司会をやることが人気の番組をやってきたからね。

山崎拓、彼は一般的には憲法改正タカ派と目されているけれども、たしかに中国との外交役としてなぜか信頼されている。逆にネット世論などでは、こういう妥協姿勢は今後批判的にみられるのではないか。

あと、政治家を選ぶときに女性問題より外交のことを考える有権者なんてそんなにいないぞ、というよりいたらけっこう水準が高い(笑)