INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「タイに運河を論」続報

「日本殺すにゃ 刃物はいらぬ マラッカ海峡 絞めりゃいい」というのを紹介した
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20050315#p6
のブログに書いた、マラッカ海峡のリスクを避ける運河の話。

http://eiji.txt-nifty.com/diary/2005/03/post_15.html
のコメント欄は面白く、やはりコストが高いという面が大きいようだ。

>マレー半島に運河ってどうよ
 80年代、米国の核融合エネルギー財団が核爆破掘削で、クラ地峡に運河を建設する計画を発表した事があります。(通常の火薬爆破掘削よりも、半額で済むという試算も出していました)

 計画は、新運河利用時と従来コースとの差が1,500㎞程で、コストに見合わないとお蔵入りになったそうです。

投稿者: 名無し二等空士

核爆破で運河・・・・
しかしそれはそれとして、小島がたくさんあるから海賊も暗躍しやすいんで、政治的安定さえあれば直線の運河では海賊リスクは減るよね。つくれば永久に通行料も入るわけで、1500kmの距離とはいえシロート的にはペイすると思うんだがな。

海賊の恐ろしさは、『大航海時代オンライン』で体感でもしなさい。あ、みんな海賊やる側か。






イレッサ新薬とサマーズ学長辞任をからめて論じたかったが時間ナシ



村上 ファンドと投資エリート論に

金平論座原稿も