INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

サンデープロジェクトの田中康夫・・・長野県は赤字を減らしたか?

先日2/6のテレビ朝日サンデープロジェクト」では小泉内閣を評するコーナーに田中康夫が出演。
わざわざ自作?のフィリップを持参し、長野県は唯一財政赤字、借金を減らしたと自画自賛していました。
地方自治の情報は県外を越えて伝わりにくいから、テレビを見た人の多くは「ほう、ヤッシーやるじゃん」と信じるのだろうが・・・
http://www.geocities.jp/ssxfn875/sub6.html#37

 以上の通りで、田中県政の財務における貢献度は、実質マイナス467億円ということになります。つまり、借入金を減らしたというより、預金を食潰したと表現するのが正解なのであります。

 にもかかわらず、田中康夫氏は 「全国で唯一借金の額を減らし」た、という根拠はどこにあるのでしょうか。それは極めて単純な話で、平成15、16年度の県債残高だけを見ていっているに過ぎないのです。次の表をご覧いただければ分かりますが、15年度は149億円、16年度は122億円減になっています。これだけ比較すると、確かに「借金の額を減らし」たことになります。しかし、預金はそれ以上に減らしているわけです。

しかし回りも大甘で、小泉政権に関連し、経済制裁論の評価を田中康夫が振られたときに「経済制裁の話に限らず、覚悟が足りない。例えば・・・」と話をそらして、答えない。自己の基盤には両勢力がいるからね。
しかし、これは政権側として出演した小池百合子石原伸晃が「けっきょく賛成なんですか、反対なんですか」と突っ込むべきで、それが出来ないから石原ジュニアはだめなんだよ。