INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

日本オタク大賞、反響部分を活字にしました

【補足】大反響のようなので、原文をテキスト化

最初はキャンディキャンディ問題から
未だに漫画業界で原作の地位が低い、
という話が発端で・・・


鶴岡法斎 「ところが今ジャン・・ええ、あの・・・ある雑誌はですね(会場失笑)、ところがある雑誌は、クレジットには出してないけど原作・ネーム・作画っていう三人体制ですからね」


唐沢俊一 「でもそれ、マのつくところ(註;少年マガジン)もそうじゃないんですか?」


鶴岡 「まあまあまあまあ・・・へへへへ(ごまかし笑い)。で、本当、やってることをおおっぴらに出している人はいいですけど隠している作家さん、ガモウひろしとかいるじゃないですか」


岡田 「ガモウが隠すのは判るんだけど、鶴岡くんはなんで隠すの?」


鶴岡 「いや、それをやってるってことを」


女性司会(無知な人、聞き役)「ガモウさんは何を隠しているんですか?」(会場笑)


岡田 「ガモウひろしデスノートの原作者なんだよ、でもデスノートという作品の・・・」


女性司会(物凄く驚いた表情で)「えっ!!! ラッキーマンの人ですよね?」


鶴岡法斎、その表情に大笑いして
「おー、いいリアクションリアクション、ありがとー(笑)。」


岡田 「ナイスジョブ(笑)。あのね最初は単なる噂だったんだけど、裏BUBKAの編集部が確認取ったら、確認取れちゃったんだよ。それで俺、いしかわじゅんに最初、山口でこのあいだマンガ夜話のロケあるとき言ったら『それはありえないよー』っていってたのに、ついこないだ『岡田ァ、知ってるか。デスノートの原作はガモウで』・・・俺が言ったんだよ(笑)!!」


鶴岡 「だからあれなんですね、正直アレ、これは大丈夫なんだろうな、ジャンプっていま、ガモウさんの王朝じゃないですか。ガモウさんからスタートするアシスタントやってたやつらが殆どだって、いまジャンプの稼ぎ頭」


岡田 「おお、かつての本宮ひろ志とか」


鶴岡 「ええ、かつての本宮ひろ志の位置にガモウさんが実はいるんですよ(会場笑)。だからガモウ王朝なんだ、だからガモウさんの下にえんどコイチがいて、」


岡田 「でもガモウ王朝ってかっこいいよな、なんかどう考えても悪の帝国っぽいネーミングで(笑)」


鶴岡 「デスノートの小幡さんも孫弟子かひ孫弟子あたりに当たるんですよ」(引用者註。世代的に本当かなあ?)


岡田 「なんか(ガモウ王朝は)巨石文化でもつくりそうだよね(笑)」


藤津亮太(誰?)「「大場つぐみ」って、あのジャンプのアンケートが下の人のことを編集部で隠語で大X・・・・でかいバツがついたということで「おおバツ組」と呼んでいるらしいと、わざわざそれをペンネームにしたんだと。『アランスミシー』みたいなもんで」


岡田 「いやー、今日は勉強になるわあ」


藤津 「これも確認したわけじゃなくて噂ですけど」


岡田 「いや、その噂面白いからホントにしましょう(笑)」


発言者不明 「ただですね、デスノートに関しては最大の問題は、ガモウさんがネームを書いているとするとですね、あのデスノートの、ガモウさんのネームの状態ってのはラッキーマンみたいな状態で(会場大爆笑)」


鶴岡 「あのねこのへんは諸説あって、『ガモウさんの絵は本来はああじゃないという説』(笑)っていうのと・・・」


この後、漫画界にはびこるヒミツの原作者、ゴースト原作者の話に

・・・いま苦労して文字にしたところで気づいたけど、これ今年中に単行本になるんだよね。
それ読んだほうがいいじゃん。