INVISIBLE Dojo. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

ボブチャンチンはミドル級を制す?−−ゴング格闘技より

下に少し書いた理由で、長文はあまり記せません。ただ、今回のゴング格闘技は、結局どの選手のインタビューよりも榊原信行谷川貞治の両氏の「今後の興行戦略」のほうがコンテンツとして魅力があたtなあというのが率直な感想です。
しかし新カードとか新企画を彼らが語るのは、それだけで商品だよな既に。
その中でも、比較的地味な事実として榊原が語ったことに個人的には一番注目しました。


イゴール・ボブチャンチン、イン ミドル級。(ゴング格闘技のインタビューで、榊原社長が、「ボブは減量してミドル級GPに出る」と言ったのだ)


一部マニアにとっては長年言われてきた伝説でもあります。
よく桜庭和志横井宏考近藤有己高瀬大樹ダンヘンあたりが、「適正体重でやればいいのに・・・」といわれたもんだが、イリューヒン・ミーシャヒカルド・モラエスが参戦したロシアのアブソリュート大会を見た人なら、そのボブのスマートっぷりに驚愕したはずだ。
まあ、その後のパワー増は太ったのに伴う部分も多かろうが、イギリスの大会にはかなり絞って登場し解消したこともある。

もちろん、なんちゃってミドル軍団のマリオ・スペーヒーランペイジらには敗れていることで限界を言う人もいるだろうが、実際ボブチャンチンヴァンダレイ・シウバが、あるいはムリーロ・ニンジャと向き合ったらどちらに賭ける?
案外面白い存在ですぜ。