INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

亡命政権

2004年11月30日
北亡命政府、来年に日本で樹立


 韓国、中国、ロシア、モンゴル、カザフスタン、日本に所在する6つの脱北者団体の代表らが、さる19〜20日に日本の東京で「反金正日国際会議」を開き、来年の3月頃に日本で北朝鮮亡命政府を樹立するように合意した、と自由アジア放送(RFA)が30日に報道した。

 参席者らは、北朝鮮民主化のためにはより強力で組織的な機構が必要だということに意見を集中し、仮称「北朝鮮亡命政府」を樹立することに合意した、と放送は伝えた。
 会議には朴甲東(前南労働党総責)、「朝鮮民主統一救国戦線(日本)」議長をはじめとして、チョン・ソンジン(前北朝鮮文化宣伝省次官)「北朝鮮民主化のための統一連合(カザフスタン)」代表、ユ・ソンギル(前北朝鮮空軍所長)「北朝鮮民主化のための行動本部(モスクワ)」代表、洪ソンス(前金日成秘書)「金日成金正日打倒運動本部(モンゴル)」代表などが参加した、とこの放送は言い伝えた。
 オブザーバーの資格で今回の会議に参加した「自由大韓民国を守る海外同胞連合」議長ソン・チュンム(在米同胞)氏は、放送とのインタビューで「朴甲東議長の場合、高齢に資金難と、これまで非常に多くの困難を経験した」として「北朝鮮の人権法施行で、この方たちが多くの勇気を得た」と語った。
 ソン氏は「今回の会議で、参席者らは亡命政府代表として黄長菀北朝鮮労働党秘書を望んだが、黄氏は異見を持っていると見られ、今後3〜4ケ月の時間をおいて議論する計画だ」と明らかにした。
http://nk.chosun.co.kr/news/news.html?ACT=detail&res_id=55662&page=1

ネット上で反響を見た限りでは「なんで韓国じゃなくて日本なんだ」とか「たかられる」とか否定的なものが多かったが、当ブログの筆者はこの種の動きを歓迎します。
韓国はノムヒョン政権が、おろかな対北追従をやっているからできないだけである。
亡命政権は内紛や金銭面での問題なども出がちなものだが、カードになることは間違いないし、今の韓国の政策と比べて将来の歴史的な正当性が担保される。
長期的に見て、あの国の体制が続くわけがないし、そのときは間違いなく、融和していたことがマイナス、反体制運動の支援や批判がプラスとして記録されるのだから。


朴東甲氏は一度、「AERA」の「現代の肖像」で評伝が載っていたことがある。