INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

谷川さんのように「危ないあぶない」とだけ言えばいいのか。

高橋vsヒーリングの試合。横井の試合もそうだけど、善戦健闘、これは間違いありません。しかし、「今度は勝てるか」といえばどっちも無理だろうね。
そういう点では同じ疲労感というか、ささやかなる諦念を感じさせるものでした。

武士道のメインの先取り感覚、じゃなければいいが・・・
(善戦健闘という気休めすらないかもしれんけど)

いや、わき道にそれた。高橋の試合についてはタックルはそれなりに切ったのになんで最後は倒されるのかとか、最初のがぶり膝でなんで相手を弱らせられなかったのか、パウンドを頭を振ってかわす(常にクローズガード)というのは有効なのか、など素人にはわからず技術論を聞きたいことが多々あるが、特にいつも思うのがフロントチョークです。

要は、素人(俺)が見ると、極まってるんだか極まってないんだかさっぱり分からんのだよ。そして、終わったあとのインタビューで、大丈夫そうに見えたものが「実は極まる寸前でした」とかいうからややこしい。

http://www1.yapeus.com/users/toikatu/
によれば、サブミッションマスターのトイカツ選手は
「フロントは腕一本は入ってるから極まるはずはなく」とのこと。

ヒーリング本人は「最初は苦しかった」言うてたからその後落ち着いて対処したんだろうか。どの時点で安全になったのか。

フロントチョークは、小生はがんじす氏に極められたことがあります。
あの時は、自分の(かける)経験から「これは絶対極まらない。これでスタミナロスさせて、上からポジションとって・・・」と思ってたら、知らないうちに苦しかった(笑)という寸法。