INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「史上最高」とダナ・ホワイトが認定したUFC116.秋山成勲敗北を考える(改題)

再放送

http://www.wowow.co.jp/sports/ufc/index.html
7月6日(火)よる6:50
です。
今回は2時間にちょんぎった放送じゃなくてたしか2時間40分ぐらいか・・・まあ普通と大して変わらないけど、ジョーク団体(※ダナ視点です)のPPVを買うのと同じ感覚で、WOWOWに今月ひと月だけ入るという手もある。TUFヘビー級の決勝も見られるでよ。


秋山成勲

最初にUFCでデビュー戦を戦ったとき、ゴング格闘技は判定2-1で勝利したものの、眼窩底を骨折した秋山を表紙にして
「かくも高き頂。」
とコピーを打った。

GONG(ゴング)格闘技2009年9月号

GONG(ゴング)格闘技2009年9月号

そのコピーを再度思い出しました。

柔道流の投げは見事にレーベンに通用し、テイクダウンを奪った。
有効なパンチも当てた。最初は寝技でも仕掛けた。
だが最終的に敗れたのはなぜだろうか。それは技術的な分析をいろいろと専門家に今後してもらえるだろうけど、シロート分析でいう。


・相手が急にサウスポーに変更になった。準備期間の短さは相手も同様だが、「サウスポーに慣れる、想定した練習を積む」という点では、秋山の側にのみ対策が必要になった。


・もともと秋山はフルラウンドでの判定決着がこの前のわずか1試合(アラン・ベルチャー戦)。勝つときは短期で勝利したので、筋肉の多いからだと相まってスタミナには難があったし、配分の経験もなかった。また年齢が30半ばであることも理由か


・柔道出身者とはいえ、いや、だからこそ、グラウンドでの下からの攻めは対応が十分ではなかった。今までの試合でも、それをしのぐような展開は少なかった。また、そのプレッシャーを受けるととたんに上を取ってもパウンドを仕掛けられなくなり、相手の下からの仕掛けが「攻防一体」になることを許した。


・・・・といったところなんですかねえ。
まああんまり役に立ちません。正解は、23日のゴング格闘技でも読んでください(いい加減だなおい)

それでもファイトオブナイトを取りました

ちょっと聞きたいんですが、あの三角絞めを最後に外してブザーが鳴った、というたらればを考えてください。その際、皆さんなら判定をどちらにつけるでしょうか?
3R、上を取ったけどパウンド?の回数レーベンが多かったでしょ。下から。あれってどう評価されるのかなー、と思いました。

ウエルター級転向について

よく言われるのは、本来の体格的にはウエルターが妥当だという外野の意見。だが本人は「柔道でさんざんやったんで、もう過激な減量はいや」と。
たしかに斉藤直人ドクターにあれだけ紙上で脅されたり、佐野哲也さんの苦労話をブログで読むと「減量って大変だねぇ、無理しなくてもいいかもね」という気にはなる。
ただ、あと実際的な部分では、秋山が仮に次の試合で負けて連敗しても「おれは覚悟を決めた、ウェルター級に転向する」と宣言すれば、UFCアメリカメディアも期待を込めてリスタートを認めてくれるのではないか。
そういう、お助けカードを1枚忍ばせつつ、勝てばもうけもんということでもう一回ミドルで闘うのがいいんじゃないかという気がするんですけど。

次の相手は?

マイケル・ビスピン(噂あり)
ヴァンダレイ・シウバ(レーベンが対戦権を得たとの考えもあり。でもやっぱり秋山との考え方もあり)
デミアン・マイア(以前、断った理由が消えたし。寝技師、柔術家との対戦興味あり)
ネイサン・マーコート(日本でもおなじみ)
パトリック・コート(空足ファイター)


いるねぇ。さて誰が相手になるのでしょう。

レスナー論は後回し

にします、すいません。

本日K-1MAXでしたよ、それも午後9時から。

最初、テレビ欄の深夜のところを探してしまったのは内緒だ(笑)
あとtwitterをうっかり見ないようにしたほうが吉かも。

FEG/K1 】 K-1MAX  本日 TBS で午後9時から < Gryphon [はてなブックマークで表示] [コメントビューワーで表示] [はてなブックマークに追加]
http://tv.yahoo.co.jp/program/264923/?date=20100705
# 月曜ゴールデン K−1 WORLD MAX2010 世界開幕戦
# 史上初のWトーナメント!格闘技W杯開幕!ミドル級世界一決定戦&ライト級日本最強決定戦

# ☆格闘技W杯ついに開幕!〜史上初ダブルトーナメント ▽黄金のミドル級は世界開幕戦!日本代表・コスプレ長島が世界制覇へ ▽新設ライト級は一日3試合の過酷なワンデートーナメントで初代日本王者が決定!

# 出演 【MC】 佐藤隆太 佐々木希
【ゲスト】 関根勤 川畑要CHEMISTRY
【解説】 魔裟斗 谷川貞治
【実況】(TBSアナウンサー) 初田啓介 小笠原亘 藤森祥平 伊藤隆佑 杉山真也 【リポーター】(TBSアナウンサー) 青木裕子 枡田絵理奈

# スタッフ 藤澤滋彰 井手雄一 石井宏昌
# 属性情報HD 16:9 ステレオ コピー1

# その他の情報・対戦カードA
▽−70kgミドル級世界一決定トーナメント開幕戦
●日本代表・異色のコスプレ戦士 長島☆自演乙☆雄一郎×ブラジル代表・剛腕 アンドレ・ジダ
●もう一人の日本代表・日本最強の豪腕 中島弘貴×オランダ代表・初代世界王者 アルバート・クラウス
●日本人頂上対決 勝負の巌流島決戦! ’09年世界3位 山本優弥×’08年世界3位 佐藤嘉洋

・対戦カードB
▽−63kgライト級日本トーナメント決勝戦
<第一試合> 『K−1無敗のプリンス』上松大輔×『新日本キック王者』松本芳道
<第二試合> 『魔裟斗注目!怪物ルーキー』久保優太×『トルネードスター』尾崎圭司
<第三試合> 『革命の騎士』石川直生×『ナニワの火の玉ボーイ』才賀紀左衛門
<第四試合> 『剛腕ペンキ職人』大和哲也×『博多の悪童』裕樹 <リザーブファイト> 『暴走ボクシング王者』渡辺一久

フィールズはアントニオ猪木トークライブのスポンサーになっている(ミルホンネット)

http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=480&

特に全国47都道府県での開催を目標に、2・19中野サンプラザ(東京)でスタートを切ったA・猪木デビュー50周年記念『闘魂トークLIVE50』は完全に企画倒れ! イベント発表時は猪木のデビュー50周年という記念イヤーを壮大に祝うビッグイベントとして発表されただけに、いまさら中断することもできずIGFのスタッフは頭を抱えている!?
 そこで元『週刊ファイト』編集長の井上譲二記者が、プロモーターらを取材してなぜ『闘魂トークLIVE50』が失敗したのかを探ってみた…(略)

で、この記事を実際に見てみるとさ、各地で大赤字の続くトークライブに対して

唯一の救いは、フィールズのスポンサードを受けていること

とのくだりが。
な、なにい?実際に行ってみる。
http://www.igf.jp/event/

ほんとだ…、まあスポンサー様がどこにお金出そうと自由ですけどねぇ。
もうちょっと、こっち方面にもまわしてくれませんかねぇ。
まあ映画「孤高のメス」や「舞台劇 銀河英雄伝説」に、本来格闘技に来るカネ?を流しやがった木下工務店にくらべればかわいいもんか。