INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

【再論】本日放送開始の『カナカナ』は、少なくとも序盤は一種の”正義の誘拐/幸せな誘拐”もの(※そんなジャンルがあると思う)なんだよね。幸色のワンルームとかと同様に、さ…

あー、だいたいはNHK公式のあらすじにも載ってるから、ネタバレと言われないでも済むかな。

5月16日(月)午後10:45 ほか 放送予定へ
(1)「はじまりカナ?」
マサ(眞栄田郷敦)は勇介(前田旺志郎)たち常連相手に居酒屋パイセンを営んでいるが、かつて一人で100人相手のケンカに勝った伝説を持つ武闘派だ。オバチャン(宮崎美子)から遠縁のワルの更生を手伝うよう言われたある日、裸足で逃げる少女・佳奈花(加藤柚凪)と出会う。実は佳奈花には人の心を読める不思議な能力があり、それを知った叔父の沢田(武田真治)からギャンブルに連れまわされる地獄の日々を送っていたのだ…!



5月17日(火)午後10:45 ほか 放送予定へ
(2)「逃げられる...カナ?」
マサ(眞栄田郷敦)は沢田(武田真治)から佳奈花(加藤柚凪)を引きはがし、居酒屋パイセンに連れ帰る。誘拐になると勇介(前田旺志郎)は心配するが、マサは大岡裁きを引き合いに取り合わない。と、沢田が大門(橋本じゅん)を連れてパイセンに乗り込んでくる。大門はマサが高校時代ケンカに巻き込まれる度に世話になった人情派刑事だ。叔父の沢田に佳奈花を返すよう迫られたマサだが、佳奈花を抱き上げるや店から飛び出す…!

www.nhk.jp

てか原作一話も読めるか。
www.sunday-webry.com



そのあとに、設定上のエクスキューズがあとからやってきて問題が解決するってことも踏まえていうけど、結局のところ

・今の状況が不幸せな、あの子がいる。
・あの子を救出したい!でもそれは、外から見ると俺の方が無法者、犯罪者なんだろうな…
・でも、おれはそれをやる!!それが正義なことは、あの子と俺はわかっている。それでいいさ…


というパターンは、よくも悪くも「お馴染み、お約束、ベタ」な話でございます。


そういう点では、「カナカナ」も「万引き家族」も、あるいは「ルパン三世 カリオストロの城」も広くいえばそうだと思います。

そして、そのなかに例の「幸色のワンルーム」もあっただけ、だと思うんだが、なぜかあれだけ風当たりがつよかったような・・・・・・はてさて。
(最初は犯罪を意図してた、というパターンも『正義の誘拐』ものでは珍しい訳ではない)

そういえば、そもそもあの作品、まだ続いているんですか。読み続けている人いますか。

もうこの話は以前書いているんだけど、ドラマスタートを記念しての再論。

m-dojo.hatenadiary.com

「カナカナ」第一話はおなじみの”正義の誘拐”もの(そういうジャンルが既にある)

【創作系譜論】※準タグです。この言葉でブログ内を検索すると関連記事が読めます

「ギリシャでは、労働組合がNATOのウクライナへの戦車輸送を妨害、足止めした」(三春充希氏の記事より)

 …ロシアとウクライナの戦争をめぐって、日本ではほとんど報じられなかった「たたかい」がありました。ギリシャ労働組合が「私たちは兵器がわが国の領土を通過することに加担しない」(声明:Αρνούνται να «βάλουν πλάτη» στη μεταφορά ΝΑΤΟικών αρμάτων)と宣言して線路に立ちふさがり、少なくとも二週間、ウクライナに向かうNATOの戦車の輸送を止めたのです。

note.com


その2週間の遅れは、ウクライナでのロシア軍の侵攻、そしてウクライナ軍の抵抗にどのような事態をもたらしたであろうか。



バズっている「婚約破棄と”最後の晩餐”」ツイートって「あのクイズ」にもそのまま使えるかも?


みなさん、
この光景を
イメージしてください・・・・・・・・



さて。
ここで、昔書いたこんな記事を再紹介する.
m-dojo.hatenadiary.com


ここではこういう漫画を、引用した。

ゆうきゆう・ソウ両氏がその事例を漫画にしてるのでそっち紹介しよう。

医者と「私の娘」※偏見、固定観念を利用したなぞなぞ

解答はこちらに載っけた。
m-dojo.hatenadiary.com

元ネタが単行本何巻か忘れちゃったが、さまざまに紹介されてる

文章版
www.pampam.co.jp

うむ、そういうことで冒頭のツイートに戻る。

「BBQをしてる側、涙ぐんでいる側の性別をどうイメージしましたか?それであなたの内なる偏見がわかります」


もちろん、この二人の性が、異なった性であるという保証もない。(婚約が、法律婚を前提とするなら、その国によって制限があるかもしれないが)


ただ、それだけ。

この着想は、こちらのまとめのコメント欄で数人が指摘していたことに触発された。
togetter.com


【問題】この4枚の画像、どれが一番「人種差別的」でしょう?


【問題】どれが一番人種差別的でしょうか?

つたないながら日本語訳

【問題】どの画像が一番人種差別的?日本語訳

北朝鮮で新型コロナ報道…「今まで本当に感染者がいなかったのかもしれない、そう考えると凄い!」(朝鮮学校ツイッター運営スタッフ)


なるほど。



【再論】自殺報道がWTO等の提言で自粛されるのは「(例外的に)医学が自由や民主主義の上に立つ」事例と考えると解りやすい

その報道は、たしかに衝撃的だった。
魂が安らかであるよう祈るほかはない。

一方で、「自殺」に関する報道について。
これが話題

https://www.mhlw.go.jp/content/000937620.pdf



自分はこうリプを飛ばした。


この話は一朝一夕に思いついて語っているのでなく、少なくともこのブログでは2006年ごろから書いていた。
m-dojo.hatenadiary.com

m-dojo.hatenadiary.com
さて、こういう勧告・・・・押しなべて言うと「報道を制限せよ」というお上からのお達しである。これは、「報道の自由」を制限するものなのか。

根源的に考えれば、「もちろん、報道の自由を妨げる」という答えだと思う。
で、思考停止するわけにもいかない。「妨げちゃまずいのか?」という話だってある。

つうか、もっと広げると「医学的合理性」という神は、いま、あらゆる原則や権威の上にあるのだってことっす。

m-dojo.hatenadiary.com

m-dojo.hatenadiary.com
まずもって、その報道が良いか悪いかを論じる前に「この逆をすると事実として後追いの自殺者が増えるよ」という科学の分野。


ただ本来でいうなら・・・NYタイムズが掲げるモットーは「"All the News That's Fit to Print(印刷に値する全ニュース)」だという。実際に、I選手の遺書等が今後見つかったら、それが興味深かったり社会問題に繋がったり、本来ならニュース価値が存在するってこともあり得ると思う
(略)
これが政治、思想ではなく「科学」…甘い物食べて歯を磨かないと虫歯になるよ、と同じレベルで「こう報道すると後追い自殺出るよ」という話だから。


自分は、さっきの遺書の例や歴史書の例を含めて「そこにはニュース価値があるんじゃないか?」というのは思想・政治で、「ああ報じると後追い自殺者が増えるよ」は科学、だと思っている。本当は都合が悪い。できれば「報道や評論、ネットのつぶやきで他人の自殺の増減が影響されるわけがない」と・・・

と、いう結論が科学的にも出て欲しい。それが「自由な報道」「言論・表現の自由」という民主主義の価値観にそった科学だからだ。しかし科学だからそーはいかない。今の所はほぼ定説として、「報道のしかたによって後追い自殺が増える」が有力説。

つまり、「後追い自殺を防ぐために報道はこうしなさい」つうこれは、「科学が理念・思想・政治を屈服させた」一例だと思っています。そう位置づけると分かりやすいと思う次第。


m-dojo.hatenadiary.com


たとえば『「無差別大量殺人」は報道されることで模倣犯を生むことが証明された』…という研究結果が出たら??その報道はどうする?

これもCDB氏のツイートと重なるのだが…20081、2016 年の文章
m-dojo.hatenadiary.com

m-dojo.hatenadiary.com


「制限されるのは当然じゃないか」という方もいるだろうが、たとえば「反戦教育で原爆など戦争被害・加害の写真・映画を見せると/食育で家畜が肉になる過程の映像を見ると子供がPTSDになる。だからそういう教育はやめよう」なてことも本当にあったのだ。
m-dojo.hatenadiary.com

m-dojo.hatenadiary.com

m-dojo.hatenadiary.com
・「残酷、ショッキングな映像を子供に見せると、PTSDの危険がある」というのは、いちおう政治的なイデオロギーとは関係のない、”科学・医学”の議論、視点である。
  
・これが事実なら「残酷な場面だが、戦争の悲惨さ(あるいは勇敢なわが軍、残酷無道な敵軍)を知るために…」とか「命をいただく以上、その肉がどう生まれるべきかは見ておくべきだ」という”正義”の議論より強い。
 
・これは最近の知見なども含めた「新しい概念」(の部分もある)。だから、「かつてはOK、セーフ、むしろ推奨」だったアレコレが、この『子供がPTSDになる危険』という視点によってアウトになることが出てくるだろう。

マリウポリ、いまだ陥落せず。青と黄の旗、製鉄所に翻り……されど。




アメリカ国歌でうたわれる星条旗は華やかな式典ではなく、砲火と硝煙にさらされる要塞の中で「なお翻っている」光景を歌うものだった。19世紀初頭の米国での光景が、いまウクライナで再現されるとは…




200年の時と大西洋を越えた連帯の詩。

君よ見たか
朝焼けの空に
夕暮れの闇に
われらが誇り
 
戦場(いくさば)の中に
ひるがえる旗よ
かくも 雄雄しく
あの城壁に
 
戦火激しく
砲音(つつおと)やまず
されど わが旗
なお そこに在り…(後略)


www.youtube.com

m-dojo.hatenadiary.com

といっても、ここまで健闘すれば降伏しても…とか思う。


「5月9日に勝利宣言をする」とももくろんでいたというプーチンにそれをさせることができず、表裏比興のベラルーシ・ルカシェンコがこんなこと言いだすのだ



ここまでやったら、「皇国の守護者」じゃないけど、堂々と足並み揃え降伏し、あとは捕虜として凱旋を待てば……というのも超机上の空論。
現実のロシアは『大協約』を守るようなタマじゃないし、投降したら虐殺でも、「戦犯」としてのプロパガンダ利用もお手の物だろうからな……


そういう現実を見ると、このように英雄的気概に感動するのも、躊躇する気持ちが出て来る。