INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

「9.11」、当日にホワイトハウス前にいた日本人の体験漫画/当日のブッシュ演説再読

日本人の体験漫画

「そこにたまたま居合わせた人」に、これだけのマンガが描ける日本人(プロだからそりゃそうだが)がいるのが、統計的、確率的に数も多いこともあり、日本のマンガ文化の蓄積でもあるのだろう。


ジョージ・W・ブッシュの、9.11ホワイトハウス演説

この日、フロリダの教育振興キャンペーンで出かけたブッシュは事件後「ワシントンはテロの危険があるから、ホワイトハウスには戻らないで」(これは危険分散、危機管理的に一理ある)という進言を二度受け入れていたが、テロの恐怖が拡大している状況を知り、やはり大統領執務室から肉声を発せねば、ということで反対を押し切ってワシントンに戻ったらしい。その際、ホワイトハウスに最終的に戻るにはヘリが必要だが、当日は野外昼食会が予定され、そこに重さ180キロのテーブルがずらりと並んでいた。
しかし、ホワイトハウス執事長はわずかに残った数人のスタッフでこのテーブルを5時間かけて撤去済み。問い合わせに「既にヘリ到着のご用意は済んでいます」と電話で答えたのが、もっとも誇らしい瞬間だったという。(以上、昨日放送の「アナザーストーリー」から)



ホワイトハウスのサイトにある、この原文を一応、機械翻訳で…ん???なんかものすごく、自然な翻訳すぎるぞ!!!
Googleの性能がここまで進化した
・何度も誰かが訪れて日本語に翻訳されているので、どこかで人力の修整などが加わっている
・大統領演説であり、ついでにしゃべる人がブッシュJrであるから(笑)、シンプルでわかりやすい文法や語彙である

といった理由だろうか……
まあ、演説原稿も、誰がどう起案し、最終稿になったのか。もちろん時間は限られていただろうし。

午後8時30分EDT

大統領:こんばんは。今日、私たちの仲間の市民、私たちの生き方、私たちの自由そのものが、一連の意図的で致命的なテロ行為の攻撃を受けました。犠牲者は飛行機か彼らの事務所にいました。秘書、ビジネスマンと女性、軍と連邦の労働者。ママとパパ、友達と隣人。何千もの命が、邪悪で卑劣なテロ行為によって突然終わりました。

飛行機が建物に飛び込んだり、火が燃えたり、巨大な構造物が崩壊したりする写真は、私たちを不信、ひどい悲しみ、そして静かでゆるぎない怒りで満たしてくれました。これらの大量殺戮行為は、私たちの国を混乱させ、後退させることを目的としていました。しかし、彼らは失敗しました。私たちの国は強いです。

偉大な人々は偉大な国を守るために動かされました。テロ攻撃は私たちの最大の建物の基礎を揺るがす可能性がありますが、アメリカの基礎に触れることはできません。これらの行為は鋼を粉砕しましたが、アメリカの決意の鋼をへこませることはできません。

アメリカは世界で最も明るい自由と機会のビーコンであるため、攻撃の標的にされました。そして、誰もその光が輝かないようにすることはありません。

今日、私たちの国は、人間性の最悪の悪を見ました。そして、私たちは最高のアメリカで応えました-私たちの救助隊員の大胆さで、血を与えて彼らができるあらゆる方法で助けに来た見知らぬ人や隣人の世話をしました。

最初の攻撃の直後に、私は政府の緊急対応計画を実行しました。私たちの軍隊は強力であり、準備ができています。私たちの緊急チームは、ニューヨーク市とワシントンDCで、地元の救助活動を支援するために活動しています。

私たちの最優先事項は、負傷した人々の助けを得ること、そして国内および世界中の市民をさらなる攻撃から保護するためにあらゆる予防策を講じることです。

私たちの政府の機能は中断することなく継続します。今日避難しなければならなかったワシントンの連邦機関は今夜重要な人員のために再開し、明日営業する予定です。私たちの金融機関は引き続き堅調であり、アメリカ経済もビジネスに開放されます。

これらの邪悪な行為の背後にいる人々の捜索が進行中です。私は、私たちの諜報機関と法執行機関のコミュニティの全リソースに、責任者を見つけて裁判にかけるように指示しました。私たちは、これらの行為を行ったテロリストとそれらをかくまうテロリストを区別しません。

これらの攻撃を強く非難するために私に加わった国会議員に心から感謝します。そして、アメリカの人々を代表して、私は彼らの哀悼の意と援助を提供するために呼びかけた多くの世界の指導者に感謝します。

アメリカと私たちの友人や同盟国は、世界の平和と安全を望むすべての人々と協力し、私たちは対テロ戦争に勝つために協力します。今夜は、悲しむすべての人、世界が崩壊した子供たち、安全と安心が脅かされているすべての人たちのために、あなたの祈りをお願いします。そして、詩篇23篇の時代を通して語られた、私たちの誰よりも大きな力によって彼らが慰められることを祈ります。

これは、あらゆる分野のすべてのアメリカ人が正義と平和への決意で団結する日です。アメリカは以前に敵を倒したことがありますが、今回はそうします。私たちの誰もがこの日を決して忘れません。それでも、私たちは自由とそれがすべて私たちの世界で良いことを守るために前進します。

ありがとうございました。おやすみなさい、そして神はアメリカを祝福します。

終了午後8時35分EDT


georgewbush-whitehouse.archives.gov


8:30 P.M. EDT

THE PRESIDENT: Good evening. Today, our fellow citizens, our way of life, our very freedom came under attack in a series of deliberate and deadly terrorist acts. The victims were in airplanes, or in their offices; secretaries, businessmen and women, military and federal workers; moms and dads, friends and neighbors. Thousands of lives were suddenly ended by evil, despicable acts of terror.

The pictures of airplanes flying into buildings, fires burning, huge structures collapsing, have filled us with disbelief, terrible sadness, and a quiet, unyielding anger. These acts of mass murder were intended to frighten our nation into chaos and retreat. But they have failed; our country is strong.

A great people has been moved to defend a great nation. Terrorist attacks can shake the foundations of our biggest buildings, but they cannot touch the foundation of America. These acts shattered steel, but they cannot dent the steel of American resolve.

America was targeted for attack because we're the brightest beacon for freedom and opportunity in the world. And no one will keep that light from shining.

Today, our nation saw evil, the very worst of human nature. And we responded with the best of America -- with the daring of our rescue workers, with the caring for strangers and neighbors who came to give blood and help in any way they could.

Immediately following the first attack, I implemented our government's emergency response plans. Our military is powerful, and it's prepared. Our emergency teams are working in New York City and Washington, D.C. to help with local rescue efforts.

Our first priority is to get help to those who have been injured, and to take every precaution to protect our citizens at home and around the world from further attacks.

The functions of our government continue without interruption. Federal agencies in Washington which had to be evacuated today are reopening for essential personnel tonight, and will be open for business tomorrow. Our financial institutions remain strong, and the American economy will be open for business, as well.

The search is underway for those who are behind these evil acts. I've directed the full resources of our intelligence and law enforcement communities to find those responsible and to bring them to justice. We will make no distinction between the terrorists who committed these acts and those who harbor them.

I appreciate so very much the members of Congress who have joined me in strongly condemning these attacks. And on behalf of the American people, I thank the many world leaders who have called to offer their condolences and assistance.

America and our friends and allies join with all those who want peace and security in the world, and we stand together to win the war against terrorism. Tonight, I ask for your prayers for all those who grieve, for the children whose worlds have been shattered, for all whose sense of safety and security has been threatened. And I pray they will be comforted by a power greater than any of us, spoken through the ages in Psalm 23: "Even though I walk through the valley of the shadow of death, I fear no evil, for You are with me."

This is a day when all Americans from every walk of life unite in our resolve for justice and peace. America has stood down enemies before, and we will do so this time. None of us will ever forget this day. Yet, we go forward to defend freedom and all that is good and just in our world.

Thank you. Good night, and God bless America.

END 8:35 P.M. EDT

知を追う少年らが、手作りロケットに挑戦…映画「遠い空の向こうに」12日放送、BSテレ東は「宇宙の日」で関連番組多数。/その他テレビ番組紹介まとめて

まず、以前書いた情報の再紹介。あしたの朝すぐ。

12日

ウルトラセブンBS再放送「冷夏140度の対決」(ガンダーとミクラス登場、セブン大ピンチ!!)
m-dojo.hatenadiary.com



そして、これは初情報

遠い空の向こうにロケットボーイズの夢は止まらない【BSテレ東宇宙の日】[映]字幕放送二ヶ国語放送
BSテレ東
2021年9月12日(日) 12時00分~14時00分

© 1998 Universal Studios. All Rights Reserved.
シネマスペシャ


僕たちの宇宙への夢は止まらない!後にNASAエンジニアになる高校生ホーマーと仲間たち“ロケット・ボーイズ”の挑戦を描く胸アツ青春ストーリー!(1999年/アメリカ)

映画「遠い空の向こうに
【出演】ジェイク・ギレンホール(声:三木眞一郎)、クリス・クーパー(声:菅生隆之
【監督】ジョー・ジョンストン
(1999年製作/アメリカ)
【あらすじ】1957年10月、ソ連が世界で初めて人工衛星スプートニク一号の打ち上げに成功した。このニュースに刺激を受けた、ウェストバージニア州の小さな炭鉱町・コールウッドに住む高校生のホーマー(ジェイク・ギレンホール)は、自分でロケットを打ち上げる夢を抱く。彼は偉大な計画を実行に移すべく、友人たちを誘い『ロケット・ボーイズ』を結成。本格的なロケット作りを試みるが、打ち上げは失敗続き。炭鉱夫として働くホーマーの父・ジョン(クリス・クーパー)も、息子の行動が理解できず、2人は対立するのだった。そんな彼らを唯一応援したのは、担任教師のライリー。彼女は、全米科学コンテストに出品して優勝すれば、大学の奨学金が出ると話しエールを送るのだが…。  

なぜ放送するかというと、BSテレ東がこの日まるごと「宇宙の日」なのよ。

はやぶさ映画もやるんだよ


www.bs-tvtokyo.co.jp



ただ、宇宙が皆さん興味あるかどうかのジャンルを超えて、「少年たちが集まり、周囲の無理解にも関係なくチャレンジを続ける」という話…なんだが、それが「科学」や「知」への讃歌となるというジャンルは、なかなか頻繁に作られる訳ではないので貴重。

栄光なき天才たち
風立ちぬ
プリニウス
チ。~地球の運動について
ダンピアのおいしい冒険

とか、そういう話が好きなひとは。

すぐ隣の隣接ジャンルで「夏のロケット」あったなー小説のほか、同じタイトルのオマージュ的な漫画(原作じゃないよね)があった

12 日深夜 『アンという名の少女2』

www.nhk.or.jp
モンゴメリの不朽の名作『赤毛のアン』をドラマ化した人気シリーズ、待望のシーズン2の放送が決定!

【放送予定】
総合 毎週日曜 午後11時00分
2021年9月12日スタート!

【番組紹介】

「世界にはいろんな可能性がある」
おしゃべり好きで、想像力豊かな赤毛の少女アン。アンは新たな出会いや経験を通して、より広い世界に触れ、少しずつ大人へと成長していきます。モンゴメリの不朽の名作『赤毛のアン』をドラマ化した人気シリーズのシーズン2。

19世紀後半のカナダ、アヴォンリーの村。おしゃべり好きで想像力豊かな赤毛の少女アンは、年配の姉弟マリラとマシューの養女として、すっかり家族にも村にもなじんでいた。アンも同級生たちも、そろそろ将来の進路について考え始める年になる。
カスバート家にやってきた下宿人が村人をだまそうとたくらんでいるとは知らず、アンは彼らに興味津々。学校では、男子にいじめられている芸術家肌の同級生コールと仲よくなる。一方、村を出て蒸気船で働いているギルバートは、トリニダード出身のセバスチャンと出会う。 

www.youtube.com



13 日 BSP「ヒトラー 最後の12日間」

m-dojo.hatenadiary.com

13日は「陰陽師」も放送。次の週は「陰陽師2」

陰陽師(おんみょうじ)
BSプレミアム9月13日(月)午後9時00分〜10時58分 


シェアするhelptwitterfacebook
野村萬斎が、平安京を舞台に、秘術を使って鬼や魔物を鎮める陰陽師・安部晴明をミステリアスに演じ、大ヒットしたSF時代劇。生まれたばかりの帝の子、敦平親王が原因不明の病に侵された。右近衛府中将・源博雅の依頼を受けた晴明は、呪いがかけられていることを見抜き親王を救う。ところが首謀者は都転覆をたくらむ陰陽頭の道尊だった…。原作・脚本は数々の伝奇小説で知られる夢枕獏。監督は「おくりびと」の滝田洋二郎

ドラえもんの道具「雑誌作りセット」に関する論評がひどすぎる。

3コマ漫画というか、3ツイート漫画

※いま、最初のツイートが見られなくなっているので、代わりの画像付きツイートを張っておこう




前後のまとめはこちら
togetter.com

『2006年のタロウショック』~河野太郎は、天下獲り王手の『今』より、推薦人ゼロのあの時代こそ本質が

9月10日、河野太郎が正式に自民党総裁選に出馬した。

情勢的には岸田文雄とトップ争いをする、最有力候補との下馬評が高い。

www.asahi.com

[B! 自民党] 河野行革相、総裁選に立候補を表明 「日本の礎は、皇室と日本語」 [自民党総裁選2021]:朝日新聞デジタル


とこ
ろで。

こうやって、何か今では自民党のみこしにかつぎあげられるようになった(神輿は軽くてナントヤラ、ですが)タロー君。
だが、2006年……「たった15年前」、なのか、「もう15年前」、なのかですが、彼はそもそも「総裁選に出たいけど、推薦人が20人も集まらない」存在でした。

ただ、そこで彼は、極めて突飛で、当時において「非常識」なふるまいをし、
それによって知名度、存在感を増そうと、乾坤一擲の仕掛けを行った。


ある意味で、自民党のみこしにまでなった今より、こちらのほうがはるかにこの政治家の本質にかかわるんじゃないかと思うので、(これまでも何度か触れていたが)あらためてちょっと紹介しておこう。

推薦人ゼロで総裁レースに出馬


総裁レースが「次の首相」調査に引っ張られるようになって、これまでにはなかった新現象が見られるようになった。
次の首相」調査が安倍と福田の二強状態になりつつあった〇六年五月初旬。河野は国会内にある自民党記者クラブで会見し、「九月に行われる総裁選の候補者たらんと思ってやってきました」と切り出した。


河野が「総裁たらん」ではなく(総裁)候補者たらん」と言ったのは、立候補に必要な推薦人二十人を集めていなかったからだ。通常、「出馬表明」の記者会見は推薦人の確保に一定のめどがついた段階で行われる。大々的に「出馬する」と記者会見をしておいて推薦人を集められず、断念に追い込まれようものなら目も当てられないからだ。推薦人がゼロのまま、それを行うのは「妄想」と受け取られかねない。


だから、河野の記者会見は記者たちを困惑させた。そんなマスコミを尻目に、河野は公約として掲げた公的年金制度と義務教育制度の抜本改革について持論を展開した。さらに自らの推薦人については「世論調査が、推薦人制度に代わる予備選」と位置付けた上で、大真面目にこう力説した。

「(「次の首相」調査で)一番か二番、徳俵で二番に限りなく近い三番までに入れれば堂々と河野太郎を総裁選の土俵に上げてくれ、ということを仲間にお願いしようと思っています」
「訴えていることが国民の支持を得られなくて世論調査の下の方に沈んでいる、四捨五入したら数字がなくなってしまうような人間が、推薦人を先に集めても何の意味もないと思っています」


「三番」とは安倍、福田に続き、麻生と谷垣を上回る、という意味だ。河野にしてみれば麻生と谷垣が「超低空飛行」を続けている状況を踏まえた「現実的な目標」だったのだろう。


河野はこの後、宣言した通り推薦人集めは行わず、テレビや新聞などメディアへの露出を続けた。実は河野には、数人に過ぎなかったが推薦人のめどはあった。河野はそれにあえて触れず、「推薦人制度は既存派閥を守るためのシステムである」という主張を繰り返した。
メディアで、国民の関心が高い政策を掲げると同時に、「推薦人ゼロ」で旧来の自民党と一線を画す。これで世論の一定の支持を集め「次の首相」調査で安倍、福田の次につける。そうすれば自民党も自分を無視できなくなり推薦人も集まる――

総裁選が「次の首相」調査によって「公選」化されたことを逆手にとった河野の戦略はあまりにも極端で、マスコミと自民党の多くの国会議員の冷笑を誘った。

f:id:gryphon:20210911145438j:plain
河野太郎、2006年の総裁選での奇妙な戦略 (次の首相はこうして決まる)

「タロウショック」寸前

冷笑を買った河野戦略だが、私は河野が麻生と谷垣を「瞬間最大風速」的に追い越すこともあるのではないか、と思っていた。特に河野が同じ河野派が推す麻生を追い抜いた場合、それが同派に与える影響について、二人の名前から「タロウショック」という見出しまで考えて反応記事を想定していた。


自民党の若手議員の中にも、河野の行動を興味深い試みとして評価する者がいた。当時、当選一回の上野賢一郎は私に「河野さんは泡沫かもしれないが、メディアを通じて国民の共感を得れば、調査で「麻垣康三」の誰かを抜く可能性もある。そうなれば泡沫ではなくなる」と肯定的な見方を示していた。
そして私や上野の見方はある程度はあたった。TBSが河野の記者会見直後に行った「次の首相」調査で、谷垣を追い越してしまったからだ(河野3%、谷垣2%)。翌六月初旬の認査では2%で並んだものの、七月初旬の調査では再び河野(三%)が谷垣(二%)を抜いた。


これはTBSだけの現象にとどまらず、河野を調査の選択肢に入れた他のメディアでも同様だった。毎日新聞が五月十五日付朝刊に掲載した「次の首相」調査で、河野は谷垣だけでなく麻生に肉薄。翌月調査では二%で並び、福田が不出馬を表陽した七月下旬の調べでも三%で並んでいる。日本経済新聞の五月中旬、六月中旬の調査でも、二人は1%で並走している。タロウショック寸前だったのだ。


衝撃を受けたのは、「次の首相」調査での低迷に悩んでいた谷垣派である。小なりといえども派閥の領袖が「推薦人ゼロ」の若手議員並みの数値では、立候補の意義自体が問われかねない。


私は当時、谷垣派のある議員に「福田の不出馬がない限り、この傾向は続く可能性がある」と指摘した。その議員も同様の懸念を持っており、「八月十五日の終戦記念日小泉首相が参拝した場合、それに強く抗議して閣僚(財務相)を辞任し、反小泉で総裁選を戦う」ことを進言するかどうか検討し始めたほどだ。


河野の戦略は、さっそく狙い通りの結果を出し始めたかのように見えた。しかし、大きな読み違いと落とし穴があった。多くの新聞、テレビ各社が、肝心の「次の首相」調査の選択肢に河野を入れなかったのだ。当選四回の若手議員が推薦人も確保せずに出馬の意向を表明するという極端な手法は、マスコミ各社に「突飛」「奇抜」というイメージを抱かせたのだろう。


さらに「安福」対決が喧伝されればされるだけ、靖国神社参拝問理を中心とするアジア外交が焦点となってしまった。福田が不出馬を表明した後、政策的には「年金抜本改革」一本やりのイメージが強くなっていた河野は福田票の受け皿とはなり得なかった。

結局、河野は四カ月後の9月初め、出馬断念と麻生支持を表明した。「年金の抜本改革を世の中に訴えて、世論調査の支持率を背景に推薦人をお願いする」という河野の試みは失敗に終わった。しかし、「次の首相」調査によって総裁選が公選化したという現状を、若手の一部に明示してみせた意義は大きいだろう。

つまり
河野太郎は、

・突飛な奇策を平然と行う


・それがやや滑稽なピエロ的な役割でもあまり苦にしない。


・永田町の味方増やしより、メディアを通じて「国民に直結」することを重視する


・ただし、それはメディアをあくまで「道具」「舞台」とする意志が透けて見える。あまり共感や仲間意識はない。


・だから従来メディアも、いわゆる”共犯関係”になるよりは、困惑や、あるいは不快感もそこはかとなく感じている。


twitterはその象徴かもしれないが、大衆に訴える中で、河野とメディアの間にはある種の重なる部分があり、それは逆に共感や融合でなく、摩擦や対立を生んでいる

この補助線として、菅直人の下にはせ参じて政治にどっぷりかかわりをもった下村健一氏が、安倍政権以降の雰囲気を嘆いた言葉
『「権力・国民連合vsメディア」という構図が生まれてしまっている』という発言が非常に重要になるので、覚えておいてほしい。

m-dojo.hatenadiary.com



引用資料紹介。

上野タロウショックの一件は、この本からの引用だ。

全く余談だが、この書名と「著者名」にもう一度注目を・・・・・・実はこの柿崎記者、共同記者からそのまま菅義偉首相のスタッフ、内閣参与?か何かになって、話題になった人だ。
しかも謎なのは、その後ほとんど…少なくとも自分は目にしなかった。内閣に入ってからら、賛否両論とかそれ以前に、何も動向が伝わらない・・・・・・・・・そのまま菅内閣は終了しようとしている。いったい今回、何をしてたんだろうな?
北岡伸一松本健一下村健一、高島肇久、湯浅誠平田オリザなど、メディアやアカデミズム、ジャーナリズムから政治に入った人間の中でも、菅内閣のスタッフ入りした柿崎明二氏のその後の消息の知れなさは不気味だ・・・・・・・だれかご存じ?



ただ、この本は最初から最後まで興味深く、優れた書き手であり、取材者であったことも間違いないようだ。2006年の「タロウショック」にこれだけ注目し、記述した人は少ないのだから。

【メモ】大相撲は初日前日(土曜)に、BSで2つの煽り番組がある。「大相撲どすこい研」(BS1)/大相撲がっぷり総見(BSフジ)

「初日に潜む魔物の正体は?」
横綱大関の鬼門とも言われる初日。力士の意識をアンケート調査。新関脇・明生と豊昇龍・照強の対談で本音が続出!宇良の失敗談&新横綱照ノ富士の初日決まり手を独自分析

斬新なデータ分析で大相撲の深~い世界にいざなう番組。今回は「めったにないことが起きる初日」を徹底調査!「初日は好き?嫌い?」「何%の状態で臨む?」「取組以外で一番気になること」などのアンケート調査から力士の本音が明らかに▽人気3力士のリモート座談会に自称準レギュラーの親方が飛び入り参加▽宇良&荒磯親方の珍事件簿▽初日の天気と相撲の意外な関係は?▽相撲実況32年の刈屋富士雄がMC今田耕司と初バトル!
www.nhk.jp



2021年9月11日(土) 13:00~14:25

『感動!大相撲がっぷり総見』
次回の放送予定
2021年9月11日(土) 13:00~14:25
秋場所を百倍楽しく見る極意~
昨年の大阪場所以来1年4か月ぶりの地方開催となった名古屋場所。休場続きで「相撲勘」や「勝負勘」が心配された横綱白鵬が史上最多となる45回目の優勝を果たし、序二段から大関に駆け上がり波に乗る照ノ富士は14勝1敗の成績で令和初の横綱昇進を決めた。2人に注目が集まった名古屋場所の総括から秋場所の行方を朝日山親方が徹底分析する!
www.bsfuji.tv

2021年9月11日~「あの日」…NYテロから20年。アナザーストリーズ再放送/中村哲の番組も

選「アメリ同時多発テロホワイトハウス 知られざる戦いSP〜」
2001年9月11日。アメリカ・ニューヨークを襲った同時多発テロ。あのとき、アメリカの中枢ホワイトハウスでは、どんな情報が飛び交い、人々はどう動いたのか?全貌を描くスペシャル版。避難マニュアルがなく、エリート政治家たちが混乱を極める中で、30年以上ホワイトハウスの執事長を務めてきた「生き字引」の男が取った対応とは?そしてブッシュ大統領の苦悩とは?スタッフたちが証言する9.11、知られざる物語。

9月11日(土)午後3:29ほか
www.nhk.jp

BSプレミアム



「良心を束ねて河となす 〜医師・中村哲 73年の軌跡〜」
2019年12月、アフガニスタンで銃撃により命を落とした医師・中村哲。長年、戦乱が続く地での医療活動に、飢餓を救うための用水路建設に奔走した中村の生涯に迫る。

中村は、戦乱が続くアフガニスタンで活動を続け、医療体制を整備。さらに、用水路の建設で荒れ果てた土地を恵み豊かな大地へと変え、65万人分の食料生産を可能にした。九州福岡出身。元々精神科医師だった中村が、なぜアフガニスタンに傾注していったのか。そこには、どんな思いがあったのか。番組は、生い立ちや仕事を知る20人余りにインタビュー。様々な活動を記録した貴重な映像と共に、医師・中村哲の足跡を振り返る。

9月12日(日)午前0:40ほか 放送予定へ

www.nhk.jp

BS1


速報!ベラトール、堀口恭司と契約!!(※同団体だと「RIZINから送り込む」形式になるかも?)

我々は、この団体の元バンタム級王者たる堀口恭司と契約をいたしました。彼が、バンタム級の戦いの輪に入ってくるのが待ちきれません!!!


きちゃいましたかー。さてどんな契約かな。榊原社長もベラトールなら「RIZINとして、堀口恭司をベラトールに送り込みます」と言えるかもしれない。

【追記】結論として、そうなった。「協力体制の強化」。


堀口自身の声明

また、DAZNに入会するか……