INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

香港の動乱拡大の中「中国機動隊は、佐々淳行が助言して成立した」という過去記事。これが「天安門の反省」…

香港での当局とデモ隊の衝突が理由であろう。

m-dojo.hatenadiary.com


が再度読まれています。 再論などは略し、まずはご紹介まで。

大村知事「表現の不自由展、私は『やめてもらえないか』と【強い要望希望】はしたが、一線は超えなかった」…憲法的には、そういうもの?

ちょっと意外な展開になってきた…


18分30秒から



ここに、文字起こしがある。

ksl-live.com

…この表現の不自由展については内容を事務方から聞いたのは6月の半ば、その段階で「これ本当にやるのか?」と津田監督を通して「この点についてはやめてもらえないか?」「実物じゃなくてパネルにしてくれたらどうか?」「写真はダメだ。見てもらうだけだ」とか、強い要望希望は申し上げました。ただその一線を超えると憲法21条の話になってしまう恐れがある。ましてや事前ですからね。途中段階でそういう話をしたら「それだったらこの企画をすべてやめる」という話もされた。そうなるとまさに憲法21条の話になってしまう。強い要望はしたが我々としては施設の管理運営を円滑に…

「続きは・・・」リンク https://ksl-live.com/blog25084 .


「やめてもらえないか」と「強い要望希望」…はしてもいいが、そこから「一線を越えてはならない」というのは、憲法的には、そういうものなんですかね?


あと、ちょっといまだによく分からんのは、この場合、愛知県知事とか名古屋市長とかは、この展示会全体の「主催者」でもあるということで。主催者とは、たとえばAという作品は展示して、Bという作品は展示しない、とかを決める権限があるし、きめる責任がある。

しかし政治家(行政の職にあるもの???)が、それをすると、検閲になる…??から、「芸術監督」というひとにいったん委任をしたら、このひとの決定に対して口をはさめない…ということでいいのかね? 
曽我部教授はこういう「専門家への委任」論だ

www.bengo4.com
…あいちトリエンナーレは、県や市が入った実行委員会が主催し、公立美術館等で開催される芸術祭ですが、一般に、このような展覧会であっても、専門家が芸術的な観点から企画したものであれば、国・自治体はそれを尊重すべきだというのが、表現の自由論の一般的な理解です。公立図書館で、どのような書籍を購入するのかが、専門家である司書に委ねられるのと同じ理屈です。

しかし、それでも、要望希望として「やめてもらいたい」とは言える???

あと、政治家(行政職???)が、いったん委任をした後は、芸術監督は全て決める権限がある、政治家は(主催者であっても)口をはさめない、で本当にいいのだろうか。また、芸術監督は、どこまで現場のキュレーターを指揮監督する権限があるのだろうか。



いくつか、このへんで整理したいことが多々あるんだよね。


15日 NHKスペシャル「全貌 二・二六事件~最高機密文書で迫る~」

www.nhk.or.jp

NHKスペシャル「全貌 二・二六事件~最高機密文書で迫る~」
2019年8月15日(木) 午後7時30分(73分)
2019年8月18日(日) 午前0時35分(73分)
twitterfacebook
シェアするhelp

番組内容
NHKスペシャル「全貌 二・二六事件~最高機密文書で迫る~」
私たちが知る歴史は、一断面に過ぎなかった―。NHKは「2・26事件」の一部始終を記した「最高機密文書」を発掘した。1936年2月、重要閣僚らが襲撃された近代日本最大の軍事クーデター。最高機密文書には、天皇の知られざる発言や、青年将校らと鎮圧軍の未知の会談、内戦直前だった陸海軍の動きの詳細など、驚くべき新事実の数々が記されていた。事件後、軍国主義を強め戦争に突入した日本。事件の「衝撃の全貌」に迫る。


うーん、録音だなんだと、ときどきこの事件の「新資料」出てくるけど、印象としてはいつも羊頭狗肉と言うか…今回は、ちゃんと、それらしい感じの新事実があるのだろうか。まあ、それはなくとも再現映像みたいなのが、予告を見る限りあるらしいので、それだけでも期待しよう

「前衛芸術は、それへの妨害(のような)行為に『これもアートだ』と言われたらどうするのか問題」

きのうの「はてなブックマーク」を席捲した、あいちトリエンナーレのある事件(※脅迫で企画展が中心になって容疑者が逮捕された、許しがたい事件とは別物です)についての2記事。
note.mu
b.hatena.ne.jp


この記事に、2つコメントをブクマでつけた。

「なごやトリエンナーレ」事件について|外山恒一|note

「アーチストの真似とて大路を走らば、即ち…」なんだろうな?/それはそれとして、こういう一件にこそ津田大介芸術監督による事実関係の説明と意見表明が必要かと。

2019/08/12 15:02
b.hatena.ne.jp

あいちトリエンナーレ「ガソリン事件」の笑うに笑えないハナシ

ほんとに前衛芸術は「一見(或いはどう見ても客観的には)それを妨害するような行為を『これもアートだろ?』と言われたらどうするの」という矛盾を構造的に抱えてて、それへの理論武装が鍵。今回は……?

2019/08/12 17:47
b.hatena.ne.jp


このコメントに付け加えることはない…んだけど付け加えるね(笑)。


もうひとつの記事へのリンクとブクマ。

togetter.com

「天皇の肖像焼くけど、二代前だから大丈夫だよねwww」津田大介の発言が発掘される - Togetter

ギャラリーフェイクで自称前衛芸術家が、職人が精根込めた額縁を目茶苦茶に壊して「これはナンたらという意味があり」と講釈したが、それは通用するか?って話がありました。※同作が法的規制されるべきでない話は別

2019/08/06 09:12
b.hatena.ne.jp


実はちょっと、全巻が置いてある筈の実家に戻って「ギャラリーフェイク」探したのだけど、蔵書樹海に紛れこういう時に限って発見できない…

該当エピソードはわかってるの、9巻「されど額縁」。




んで、フジタはこう批判するわけさ。

f:id:gryphon:20190813045929j:plain
ギャラリーフェイク されど額縁 前衛アート気取りへの批判

ただ、この前段階が、今回の一件と似ていて……だから紹介したかったんだが、ちょっと記憶あいまいな部分も含めて書くけど、フジタはこの前衛アーティストを気取った美大生の批判をするために、なんかの手段で、彼の作った作品を粗末に、あるいは侮辱的ともとれるかたちで扱うのだよね。

それに、美大生は当然怒るのだが、それに対してフジタは
「これは‥‥という現代社会の……を批判するという意味合いで……を…したアートだ!!」(※再現は適当です)みたいな、いかにもな講釈を、即興でまとめるのさ。

そして、「・・・・・・というようなゴタクを適当に並べて、これはアートだと言い張ることは、いくらでも可能なんだよ!!」と突き付ける。そんな場面が(当方の記憶では)あるのだ。
まあ、興味ある人は読んでみて下さい。

そう、何かを滅茶苦茶にするようなことで何かを訴える(つもりの)前衛作品。その前衛作品を(物理的に、かどうかはともかく。物理的にやると、多くは犯罪だ)滅茶苦茶にして、何かを訴える”前衛作品”だと称されたら……。



まあ、この「ギャラリーフェイク」では結果的に、その美大生が内心の中で負けを認めて_| ̄|○……だったからそれで決着がつくんだけど「いや、俺のはアートだがお前のは違う!」と言い張ることも可能だし、あるいは「どっちもアートではない」、「どっちもアートである」と主張し続けることもできる……

ある種の解決不能性がある、のもまた事実。だったら即物的に不法侵入や公務執行妨害やら、そういう芸術とは程遠い散文的な何かで「なごやトリエンナーレ」も判断するしかない、のかな。いやまてそれだってアートにすることはできるかもしれない。
これは「宗教における『見なしの自由』」に近いともいえるな。

m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com

南北戦争で活躍した「最強装甲軍艦」の話(小川寛大氏)〜本日会報を頒布中とか(コミケで)

そうか、本日開催されているのだっけ。





f:id:gryphon:20190812103644j:plain
南北戦争当時の「最強装甲軍艦」









小川寛大氏は確か、「気球とかガトリング銃が南北戦争で「画期的な技術」として戦場を席捲したというのは幻想」と、ロマン過剰の評価を戒めていた人だが、その人がこの装甲船を「当時の常識を吹き飛ばす」者として書いているのは、逆に重要。

そういえば南北戦争では「電信で、最前線と後方の意思決定機関が意思疎通できる時代の戦争」の幕開けでもあり(だよね?)、やはりどうにも、最新技術と旧技術の端境期、という意義は大きいようで…前にも書いたけど、そこにある意味で焦点を当てているのが「軍靴のバルツァー」で、気球や機関銃や「元込めライフルvs先込めマスケット」「騎兵の時代は終わりだ」などが描かれている。


軍靴のバルツァー 1 (BUNCH COMICS)

軍靴のバルツァー 1 (BUNCH COMICS)

軍靴のバルツァー 12 (BUNCH COMICS)

軍靴のバルツァー 12 (BUNCH COMICS)




しかし、こんなエピソードもあったんだね。「回転砲塔は町の発明家の考案」か。この技術を特許として、巨万の富を得て幸せな人生を送ったのだろうか。それともこの回転砲塔が結果的に奪った人命を数えて、眠れぬ夜を過ごしたりもしたのだろうか。

「チーズ箱」と呼ばれた回転砲塔です。今の軍艦では当たり前ですが、ティンビーという町の発明家が考案した世界初のもので、これで舷側にハリネズミのように大砲を突き出す戦列艦は完全に歴史の遺物と化します。


この会報、以前いただいた「世界を荒らしまわって孤軍奮闘した南軍の軍艦」の話が面白くて、あとで紹介しようと思ってそのままなんだよな…いつかやらねば。
過去に三回、このいただいた会報の内容を紹介したことがあります

m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com

予告紹介した「1日外出録ハンチョウ 科博へ行く」の公開始まりました

ここで紹介したエピソードが、実際に公開された、というだけのはなし。

m-dojo.hatenadiary.com


さあ よめ

comic-days.com


f:id:gryphon:20190730105507p:plain
「1日外出録ハンチョウ」で国立科学博物館(科博)が「圧倒的…」と描かれる

「デスゲームもの」はいつからブームになり、一般化したか?の私的体験考察【創作系譜論】※皆に教えてほしい

※【創作系譜論】は準タグです。このワードでブログ内検索すると、関連記事が多数出てきます

この前ブクマしたまとめ。

togetter.com


「デスゲーム」の起源。この言葉の造語者は?
カイジ」でも「バトルロワイヤル」でもないっ…!圧倒的…起源っ…!!

bookroad @bookroad1
@kasuga391 この流れから逸れての質問ですけど、まとめ内でも例として収録された「デスゲーム」というのは、誰の造語で、概念としての初出は何でしょうかね?
「日本での最近のブーム」は「バトルロワイヤル」なんだろうとは認めざるを得ないのですが
2019-07-30 01:37:37


カスガ @kasuga391
@bookroad1 「デスゲーム」という名称の発祥はちょっと分からないです。
バトル・ロワイアル』の宣伝で既に「デス・ゲーム」という言葉が使われているので、ブーム草創期からあるのは確かかと。


カスガ @kasuga391
@bookroad1 ただ、これ以前にも「デスゲーム」という題名を使った作品はいくつかありますが、内容はいわゆる「デスゲーム物」ではないので、ひょっとしたら現在の意味での「デスゲーム」は、これが初出かもしれません。
2019-07-30 06:40:55


カスガ @kasuga391
@bookroad1 それから概念としての初出の方ですが、いわゆるデスゲーム物というジャンルは一朝一夕に出来上がったものではなく、様々なデスゲーム物の要素を持つ作品が書かれる中で徐々に発展してきたものなので、「これがデスゲーム物の初出である」という一作を挙げるのは非常に困難です。
2019-07-30 06:41:34


カスガ @kasuga391
@bookroad1 その上で敢えていくつか重要な作品を挙げるなら、

スティーブン・キング死のロングウォーク』(1979年)
ウォルター・F・モウディ「生存者」(1965年)
ロバート・シェクリィ「危険の報酬」(1958年)
2019-07-30 06:42:00
カスガ @kasuga391
@bookroad1 フレドリック・ブラウン「闘技場」(1944年)
リチャード・コネル「最も危険なゲーム」(1924年

あたりが、現在のデスゲーム物の原型となった作品ではないかと思います。


このまとめに関して、自分はこうブクマコメントした。

「エネルギーの剣」「デスゲーム」「3分で描いた?いや30年と3分だ」…などの元ネタは?カスガ考証事件簿 - Togetter

デスゲーム、自分は元祖を遡って突き止めることは不可能なので、自分が接した個人史をあとで語りたい。

2019/08/07 01:27
b.hatena.ne.jp


以下、自分が知った「デスゲーム」個人史。
「個人史」なので、あとで気づいたり、定義がゆらゆらしたりするのは、本当にそういう感じだったから、ということで了承されたい。あと年月日、時系列も適当なので、あとから調べたりしてる

藤子・F・不二雄「ひとりぼっちの宇宙戦争」で、「武力で全面戦争をしかけて侵略することは宇宙条約で禁じられているので…というルールで地球侵略を行う」という話が描かれる。海外SFに元ネタあり。当時はデスゲームなどと言うことは全然認識してなかった。


筒井康隆など創世期の日本SFでは「未来のTVでは残酷な見世物として、人生を賭けたゲームを放送している」という作品が多数あったような気がする(海外も元ネタ多数…だろうな)


・「ジョジョの奇妙な冒険」第二部で、ワムウが、「相手と決闘したい」という意思の元、「毒をお前の体に仕込んだ。解毒剤が欲しいなら、闘技場でのチャリオット勝負に勝つんだな!」と主人公ジョゼフに強要する。
www.nicovideo.jp


魁!男塾でも諸般をパクって「そのまま戦うのもつまらん、〇〇という趣向はどうだ?」「フッ、おもしろい」でゲームが始まるパターンもあったような気がするが、男塾でまともにストーリーを追うのもどうか、という意識で、個人的な体験としてはあまり系譜に入らない(笑)


・「幽遊白書」で「ガチンコで、そのまま殴り合ったり殺し合ったりたら絶対にかなわない相手が、『ある一定区間では<その場のルール>』に従ってバトルしなければならない』という制限の中で闘って、最強に近い状態になる」というのが、すごく具体的に示される。これで、「ああ、こういう形でのバトルもあるんだ」と強烈に印象に残る。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp



・「バトルロワイヤル」が新人賞かなんかで「内容が過激すぎる」と話題になった。小説自体は未読だったが、その後漫画化された作品と、深作欽ニの作った映画を見ている。


ジョジョ第三部で「オービー君」じゃねえやダービー兄とジョジョ一行が、各種ギャンブル・ゲーム勝負をする。これも、普通に殴り合ったら勝ち負けは明白な相手が『<その場のルール>』に従ってバトルしなければならない』中で、最強に近くなる。
www.nicovideo.jp

ジョジョの奇妙な冒険 23 (ジャンプコミックス)

ジョジョの奇妙な冒険 23 (ジャンプコミックス)


・「ハンター×ハンター」初期〜GI編に至るまで、『ハンター試験』や「グリードアイランドのゲーム」という名目で、幽遊白書からさらに拡大し、バラエティに富んた「ゲーム」を参加者に強いる展開を見せる。


・「カイジエスポワールの限定じゃんけんが盛り上がり、読み始める。
その後、こりゃ面白いということで、福本伸行の過去作品を読み始め、昔は人情噺だったことにも驚いたが(笑)、めーじゃんも含めてギミック、特殊ルール満載の「ゲーム」を描いているとわかる。このへんで、「ああ、こういうジャンルがあるんだな」と考えるようになり、ジョジョ幽遊白書のような過去作品も、ああ、あれはそういうことか、と連想するようになる。

賭博黙示録 カイジ 1

賭博黙示録 カイジ 1

賭博破戒録 カイジ 1

賭博破戒録 カイジ 1

アカギ?闇に降り立った天才 1

アカギ?闇に降り立った天才 1

銀と金 1

銀と金 1


・ラーメン屋に「奴隷区」という作品が置いてあり、これは面白いと思わなかったが「ああ、ジャンルになってきたんだな」とわかる。

奴隷区 僕と23人の奴隷 [DVD]

奴隷区 僕と23人の奴隷 [DVD]


・ゲーム系雑誌(というか「電撃大王」か?)で、なんか名前も覚えられないようなペースで、こういうジャンルが出てくる。オリジナル漫画なのか、小説などをコミカライズしたものかもわからない。


・「極道一直線」などのショートギャグマンガが得意だった作者さんが「クリムゾンの迷宮」という典型的なデスゲームもの(なんかタイトルぐらい聞いたことあった)を月刊スピリッツ!だったかな、そこで連載。


米澤穂信インシテミル」がデスゲームものだと聞いて、買っているのだが積ん読状態。いまはどこにあるかもわからん(笑)


・完全に「デスゲームものがある」「そこにはいろんな『あるある』『お約束』が存在する」を前提にしたパロディ漫画「次回のデスゲームにご期待ください!」が開始。ジャンルそのものをパロディにするような作品が出てくれば、もう完成形だよな…

f:id:gryphon:20190811093543j:plain
「次回のデスゲームにご期待ください」

ううむ、「個人史」を書いて個人史以上になればと思ったが、ならなかったな。
もっと詳しいどこかのだれか、ちょっとこう、もっとまとめた年表とか、歴史や創作パターンの考察とか、できませんか。あとを託します。